インサイドセールスシステムを開発するベルフェイス、CRMとの連携開発などに向け5億円を調達——GCP、SMBC-VC、YJ、キャナルVらが参加

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2018.8.7

インサイドセールスに特化した Web のコミュニケーション・システム「bellFace」を開発するベルフェイスは7日、総額5億円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)、SMBC ベンチャーキャピタル、YJ キャピタル、キャナルベンチャーズ(日本ユニシスの CVC)。これは、ベルフェイスにとって2016年9月に実施した1億6,000万円の調達に続くものだ。

今回の増資とあわせ、既存株主であるインキュベイトファンドの代表パートナー赤浦徹氏、GCP マネージングパートナーの仮屋薗聡一氏がベルフェイスの社外取締役に就任する予定。

ベルフェイスは、同社の代表取締役を務める中島一明氏が2015年4月に設立。インサイドセールスに特化した SaaS「bellFace」を提供している。営業マンからセールスを受ける顧客は、専用ソフトのインストールやアカウント情報のやり取りの必要がなく、Web ブラウザさえあればやりとりができる。営業マンにとっては、普段使用している営業資料を bellFace にアップロードするだけで顧客と資料を共有でき、画面共有機能で Web サービスの操作方法など見せながら商談を進めることができる。

ベルフェイスでは今回調達した資金を使って、bellFace の機能開発に加え、商談現場に関するビッグデータを活用したセールスパターン分析、笑顔などの非言語コミュニケーション解析、各種 CRM との連携開発などを加速させる見込み。また、欧米で普及するインサイドセールス手法を日本国内に啓蒙するため、広告出稿にも投資していくとしている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------