[翻訳News] IPOしたばかりのRenren(人人網)はやくも値を下げる

SHARE:


【翻訳 by Conyac】 【原文】

わずか、取引日数4日(訳注:5月11日時点)でRenren(人人網)は株価をほぼIPO価格を下回る数値まで下げた。昨日、その株価はさらに8%下回る14.75ドルを記録、それはほぼIPO価格の14ドルに並ぶ数値である。

いわゆる中国版Facebookはその輝かしさを失いつつある。我々が以前書いたとおり、その企業には周りからの過剰評価やその他もろもろの問題が存在する。それが本当に中国版Facebookなのかということも疑い深い。

第一にRenrenを含むその中国インターネット株をその根源を越え押し上げているのは、その馬鹿げた過剰評価ではないのか?わたしは株式取引におけるアメリカの人気ウェブサイト”SeekingAlpha”でこのコメントを読んだ。おそらくこれは代表的なUS取引企業からの投稿であろう。

中国のIPO銘柄の反落は買いのチャンス。確かにそれはゾッとしそうだが…しかし正しい売買はいつもゾッとするもんだからね。
ベースが11~12ドルになるまで待とう…それから前の高値を更新するのをみよう。

私は実際このゴミのような会社は知らないし、知りたいとも思わない…しかし前にも(株式)チャートでこんなやつをみたことがある。YOKU(訳注:Youku (優酷網) )は28ドルから48ドルに上がり、60ドルに突進する前に…50ドルで売った後には手元にたくさん残ったね。

空売りする人は評価額や他のナンセンスを心配していればいい…私はただ稼ぐだけ。
NFLX, PCLN, OPEN, LULU…これらの空売りが叫び出すまで絞り続ければいい!!!

「勝者より」

「勝者」という名のトレーダーは「私はゴミのようなRenrenなんか知らない」と毒づき、過去の経験から(以前チャートでこのような状況をみたことがある)彼はRenrenが立ち直って再び高値になると信じている。

明らかにRenrenが今一体何をしているのか、このアメリカのトレーダーは全く気にしていない。ただ気運でトレードしているだけだ。以前の中国のインターネット株で儲けたようにRenrenも勝者になると信じている。

私が信じるに、アメリカ人で中国のインターネット株トレーダーの多くは「勝者」によく似ている。そしてこのことが彼らの企業に対する評価額を収益の基盤ではなく分かりやすい理解(例えば中国のYoutube、中国のfacebook、中国のTwitterなど)や取引の雰囲気できめる理由になっているのである。

要点はトレーダーの次の言葉に最もよくでてるんじゃないだろうか。「空売りする者はや他のナンセンスを心配していればいい…私はただ稼ぐだけだ」。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------