北京にあるスタートアップをテーマにしたカフェ5選

SHARE:

【原文】

cafes in Beijing

ここ数年、中国では起業家が目を輝かせながらアイデアを交換しあう、スタートアップをテーマにしたカフェが増えている。

Technodeは、6つのスタートアップをテーマにしたカフェの記事をShanghai’s startup handoutで書いた。今回、北京の5つのカフェ(3wcoffee、Big Bang Café、QianXun Café、Betacafé and Garage Café)を紹介しよう。

1. 3wcoffee(拉勾3W旗下網站)

設立:2011年8月6日

住所:北京市海淀区善緣街1号(中関村にある北京マイクロソフトの本社の近く)

出資者:200人近く

株主経歴:著名ネット起業家、シニア・エグゼクティブ、著名投資家。例えばZhen Fund(真格基金)のXiaoping(徐小平)氏、Sequoia Capital のShen Nanpeng(沈南鵬)氏、Tencent(騰訊)の共同創業者/COOであるZeng Liquing(曽李清)氏、Qunar(去哪兒)の創業者 Zhuang Chenchao(庄辰超)氏、Lefeng(楽蜂)の創業者であるLi Jing(李静)氏など多数。

対象分野:TMT、 インターネット、 モバイルインターネット、ゲーム、Eコマース

位置づけ:スタートアップのプロモーション、ネット業界の知識をシェアし、スタートアップの成長の加速を助ける事にターゲットしている。中国のトップネット企業の重役からなる「エキスパートクラブ」を運営。頻繁にイベントを行う。

サービス:「3wオープンコース」や「Start Investor Night Talk」のようなハイクオリティなサロン運営。木曜日夜に開催される「Afternoon Tea with Investor」というイベントでは、起業家達が30分間投資家と一対一で話すことができる。「エキスパートクラブ」のメンバーも議論に参加したりもする。

方向性:

  1. ネットの知識をシェアできるオフラインプラットフォームを構築し続ける。
  2. 素晴らしいスタートアップに投資し、NextBigPlanを公開する。
  3. 今夏1.5キロ平米増床し、より多くのチームが使えるコーワーキングスペースにする。

収入源:運営売上

利益性:ブレイクイーブン

詳しくは、私たちの以前の記事をこちらから。

2. Big Bang Café(必幇珈琲)

設立:2011年後半

住所:北京市朝陽区東三環中路39号

出資者:20人程度

株主経歴:Lumipath Angel Investment は提唱者で最大の株主で、その他の20の投資家や成功した起業家の有名なエンジェル投資家やVC投資家だ。

対象分野:ライフスタイル、文化系クリエイティブ業界、TMT

位置づけ:

  1. 職務経験がありネットワーキングし新しい自身のビジネスを始めたい人向け
  2. 2フロアあり、地上階は普通のカフェが提供するような物を提供し、2階は小さいスタートアップ向けのコーワーキングスペースである。投資家も良くここを訪れる。

サービス:1階はBigbang DemoDay などのサロンを主催する。部外者からは、China Mobile Developer Network’sイベントやSina’s Big Dataサロンなど多数のイベントがここで開催されている。

2階はオープンオフィスである。入念な審査の後、可能性に満ちたスタートアップはそこで働くことができる。Lumipath はシード投資も行い、チャージなしで様々なサービスを提供する。

今後の方向性:より多くの可能性のあるビジネスに投資を行う

収入源:飲食、イベント、スペース代、投資利益

利益性:ブレークイーブン

3. QianXun Café(千尋餐吧)

設立:2012年5月30日

住所:北京市海淀区学清路768号

出資者:3人

株主経歴:メディアとコマース業界出身

対象分野:インターネット、メディア、デザイン

位置づけ:QianXun Caféは投資家と起業家を結ぶ事をめざし、次の大きなアイディアを探している。毎月「Qian Xun Hui(千尋会)」というサロンを開催している。それぞれのイベントでは一人の業界の著名人が招かれ魅力的なスピーチを行う。

中国のプレスからのジャーナリスト、投資家、起業家がカフェに集まり、一流のスペイン料理、起業経験、最新のIT動向をセレブと共有する。

サービス:コーヒー、スペイン料理、様々なサロン、ビジネス会議、小さな結婚式など。

今後の方向性:インターネットの〝なかのひと〟、メディア、デザインサークル、最新の業界情報が集まる場所を目指す。

収入源:レストラン経営

利益性:まだ収益化できていない

4. Betacafé(貝塔咖啡館)

住所:北京市海淀区中関村

出資者:未確認

サービス:コーヒーを提供しイベントを開催。「起業家精神」の雰囲気は他のカフェほど強くはないが、Betacafe は長い間ネットディーラーのためのミートアップ場所だった。

5. Garage Café(車庫咖啡)

garagecafe住所:北京市海淀区海淀西大街48号

機能:オープンオフィス

出資者:10人程度

サービス:スタートアップ向けのコーワーキングスペース。投資家と弁護士の集まる場所である。毎週、ここでさまざまな投資家がアイデアを拾い、起業家を援助している。毎週金曜には、スタートアップに無料コンサルティング・サービスを提供するため、弁護士団体のメンバーがここで仕事している。詳細は、私たちの過去の記事を参照してほしい。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------