EtsyとFabは、台湾のハンドメイドマーケットプレイス「Pinkoi」を無視すべきではない

by e27 e27 on 2013.3.29

【原文】

pinkoi-logo

素晴らしいチームと最近の急成長が目覚ましい、台湾を拠点しているPinkoi。デザイナー品やハンドメイド商品を扱うオンラインマーケットプレイスである同社は、現在その成長を促すため資金調達を目指している。

デザイナーによる商品やハンドメイド作品向けのマーケットプレイスは、以前から存在している。その中でも最大のマーケットプレイスは、EtsyFabだ。

これら事業がどれくらい儲かっているかをわかりやすく説明すると、Etsyが最近明らかにしたところによれば、2012年には売上高が7億米ドルを越えており、およそ200か国に2,000万人以上のメンバーが存在する。一方Fabは、TechCrunch主催の「The Crunchies」でベストeコマースアプリケーションに選ばれており、現在世界中に1,100万人以上のメンバーが存在する。

欧米ではEtsyとFabが主流となっているが、ここアジアでも同様のマーケットプレイスが大手2社の後をゆっくりと追っている。台北を拠点とするPinkoiは2011年にローンチした。デザインされたあらゆるものを購入、販売、そしてシェアするオンラインマーケットプレイスPinkoiは、Peter Yen(顏君庭)氏、Maibelle Lin(林怡君)氏、Mike Lee(李讓)氏によって設立された。

CEOのPeter Yen氏は以前、Yahoo Social Searchグループの責任者を務めていた。Maibelle Lin氏はCCOを、Mike Lee氏はCTOをそれぞれPinkoiで務めている。

pinkoi-website

Pinkoiは最初の1年間でEtsyの2倍以上の売上高を生む

peters-tweet

Pinkoiは、アジアを拠点とするデザイナーのデザイン製品やハンドメイド商品を取り扱う。現在、急速に成長するPinkoiのプラットフォームには約5万点の商品が掲載されており、2,000以上のブランドと7,000人以上のデザイナーが存在している。

正確な額は非公開だがYen氏が明かしたところによると、Pinkoiは2012年の1年間で、Etsyが最初の年に記録した売上高である17万米ドルの2倍以上を生み出していた。さらに、同プラットフォームの毎月のページビューは400万におよぶという。

もちろん、これほどの人気を得ると、課題も生じる。Yen氏は、Pinkoiが多様な種類のデザイナーやブランドを抱えているものの、今取り組むべき課題は、ブランドオーナーが自ら思考して大きく成長できるように、そしていつでも国際市場を意識し、世界を視野に入れて考えるように教育し、支援することだという。

「ブランドオーナーに大きなビジョンを与え、彼らの事業の成長を支援することによって、私たちはデザインのエコシステムを構築するのです。」

とYen氏は語る。

順調な成長のさらなる加速を目指すPinkoi、150万から200万米ドル規模の資金調達を計画中

今のところ順調な成長を続けるPinkoiは現在、資金調達で成長を加速させたいと考えている。同社は、国際市場への拡大と同様、モバイルにおける成長の取り組みに対して、150万から200万米ドルの調達を目指している。Yen氏曰く、

「最大の課題は、買い手になる可能性のある人たちの要望に応えられるようにより早く行動すること」

だという。

「他の国々の人々は熱心に購入を望んでいますが、私たちの利用可能なリソースが限られているため、物流、モバイル端末でのブラウジング、ローカリゼーションといった点において、サービス改善の余地が残っています。」

「私たちはまず、モバイル端末用サイトのエクスペリエンスを改善し、モバイル端末上のネイティブアプリによってさらにパーソナライズされたサービスを提供することに取り組んでいきます。

市場に関しては、台湾における立ち位置を確立し、それから香港、中国、シンガポール、日本、マレーシアといったデザインやライフスタイル提案型アイテムへの関心がますます高まる地域への拡張を目指します。」

pinkoi

台湾との愛憎関係

私が昨年、台北で彼らのチームと会った際、Yen氏と私は台湾のスタートアップエコシステムについて少し話し合った。Yen氏は、台北で出資を受けるにはいくらか難しいものの、台湾を拠点とすることがPinkoiにとって最適だ、という事実を再び強調した。

「台湾のデザインは世界的にも好評で、ドイツや日本とともに著名なデザイン賞すべてにおいてトップ3にランクインしています。素晴らしいデザイナーや新たな潮流(毎年、台湾ではデザイン系学校の卒業生が6,000人ほど生まれています)を惹きつけることで、彼らが私たちと一緒に仕事をすることになれば、それは素晴らしい出発点になるんです。

さらに、多様な文化の混合によってデザインの多様性があらゆる次元において構築されており、もちろん、知的財産権の概念も台湾では広く受け入れられています。これらを考えると、台湾は事業を始める上で非常に良い場所なのです。」

もしあなたがデザイナーによるデザイン製品やハンドメイド商品が好きなら、あるいは台北のスタートアップについて知りたいなら、ぜひともPinkoiをチェックしてほしい。

私はまもなくPinkoiが大きなニュースを提供してくれるだろうと予想している。Pinkoiのチームは見事に事業を成し遂げ、物流面を改善し、そしてもちろん、大きな人気を得ることだろう。

【via e27】 @E27sg

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------