中国のゲイ向け交流アプリ「Blued」が200万ユーザを獲得、レズビアン向けアプリも計画中

SHARE:

Blued-a-gay-dude-flirting-app-from-China-picks-up-2-million-users

中国のゲイ向けチャット・出会い系アプリBluedは2012年8月にローンチされた。同アプリを開発したスタートアップが先日、中国におけるユーザ数が200万人を達成したことを明らかにした。そのうち68.3%は月間アクティブユーザだが、24%のユーザは毎日このアプリを利用している。iPhoneとAndroidで利用可能だ。

同社はまた、中国にいるレズビアン向けに同様のアプリを開発しており、アプリ名はPinkdを予定していることも36Krに明かした。

同スタートアップは今年初めに今後の成長のために必要となる資金300万米ドルを調達した。今のところ、200万人のユーザに対してアプリをマネタイズする予定はない。

中国の社会的道徳観は保守的で、ゲイに対してはあまり寛容ではないにもかかわらず、この分野向けには、Zank、香港のHornet、そしてOK Cupidに似たXuntaなどかなりの数の出会い系アプリが存在している。

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録