Kickstarterにて46万ドルを集めた電動スケートボード「Boosted Board」が販売開始

SHARE:


Boosted Board
2012年10月にKickstarterにて、46万ドル以上を集めたプロジェクト「Boosted Board」の製品化が実現、現在Webサイトにて販売が開始されている。

「Boosted Board」は、電動モーターで稼働するスケートボードだ。ボードの後部に搭載された2個のブラシレスモーターが後輪を回転させる。

Boosted Board
ボードの前方には40Vのリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載、約90分でフル充電でき、この状態で6miles(約9.6㎞)の走行が可能だという。最高時速は20mph(時速32km)で、15%の傾斜の坂道も上ることができる。

加速やブレーキは、Bluetoothに対応した無線の小型のコントローラーを使って操作を行う。また、ブレーキをかけることで充電する機能も備え、効率の良いバッテリー運用を実現しているようだ。

Boosted Board

ボード本体の重量は約6.8kgと通常のスケートボードのおよそ2倍程度で、抱えて持ち運ぶことができる重さだ。

同サイトでの販売価格は、1,995ドル。通常のスケートボードのような様々なカスタマイズはできないが、100ドルの追加で50文字までの文字入れを行うことができるそうだ。

wiredにて、Boosted Boardに実際に試乗したレポートがあがっているので、興味のある方はそちらも参照してみてはいかがだろうか。