Alibaba(阿里巴巴)がKabamに1億2000万米ドルを出資し、ゲーム分野に進出

SHARE:

kingdomcamelot

Wall Street Journal によるとAlibaba(阿里巴巴)は、サンフランシスコに本拠を置く Kabam に1億2000万米ドルの資金提供を行った。同社はゲームオタク向けの無料マーケット用ゲームを主に開発している。この投資により Alibaba は Kabam の取締役会の一員となり、またAlibaba の 小売部門 Taobao(淘宝)やチャッオアプリ Laiwang(来往)等のアプリ経由で、ファンタジーをテーマとした多くのゲームを中国のモバイル市場で販売する権利も手に入れた。

Kabam の CEO である Kevin Chou 氏によると、Alibaba の投資によって中国やアジアに同社のゲームを配信することができ、「即座にインパクトをもたらす」ことになるという。

Kabamは、Kingdoms of Camelot や The Hobbit: Kingdoms of Middle-earth のようなモバイルストラテジーゲームを作っていることで知られている。この2つのゲームは1億米ドル以上の利益を生み出した。同社は The Fast and the Furious や The Hunger Games シリーズのような映画のライセンス権に基づくさらなるゲームに力を入れていく予定だ。

Alibaba のゲーム分野への投資は、中国のポータル大手 Tencent(騰訊) が以前使った戦略と同じだ。Tencent は複数参加型の人気オンライン戦場ゲーム League of Legends を開発した Riot Games に2億3100万米ドル、Gears of WarやUnreal Tournament 等のアクションゲームを開発した Epic Games に3億3000万米ドルの資金提供を行った。

Kabam と Alibaba は資金提供に関する詳しい情報をいまだ明らかにしていない。Kabam が Alibaba に協力し中国のユーザ向けに Kingdoms of Camelot のローカライズに手を貸すかどうかは現時点ではまだ不明だ。Candy Crush Saga のような普遍的テーマのゲームに比べ、アーサー王の伝説を題材にしたゲームを使っての売り込みは難しいため、中国の新たなユーザを獲得できるかどうかは Alibaba のアプリの人気次第だ。

関連ニュースとして、Alibaba は9月に新規株式公開を行い 200億米ドル以上の資金を集める見込みだ。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------