ご近所サポートの「Any+Times」が企業に対して福利厚生サービスの提供を開始、DeNAが導入

SHARE:

AnyTimes

生活密着型クラウドソーシングサービス「Any+Times(エニタイムズ)」が、企業がその福利厚生の一環としてエニタイムズを導入できる「エニタイムズ for Office」を開始しました。

「エニタイムズ for Office」は、企業の従業員またその家族を対象とした家庭生活の支援サービス。最近忙しくて掃除をする時間がない。急な会議が入って子どものお迎えに間に合わない。そんな日常的な「お困りごと」を依頼することで解決することができます。

家事代行サービスとしてのエニタイムズの特徴は、地域間の助け合いのニュアンスが強いこと。住んでいる地域のご近所サポーターズがサービスを提供してくれるのです。

既にディー・エヌ・エーの導入が決まっているというエニタイムズ for Office。“家庭における仕事”を少しでも支援し充実させることで、仕事に集中することはもちろん、プライベートの時間も充実したワークライフバランスの実現を後押しします。

エニタイムズ for Officeの開始にあたって、実施するのが導入トライアルキャンペーン。導入企業の入会費と月会費は無料、また全サービスを10%オフで利用できます。初回利用は常に50%OFFで利用可能。キャンペーン期間は9月1日から2015年2月28日まで。

オフィス内で家事代行サービスの活用事例が増えれば、それはより多くの人にとって現実的な選択肢になるはず。今後の普及が楽しみです。

----------[AD]----------