Xiaomi(小米)の多機能スマート電球、ベータテストへ

SHARE:

yeelights

Xiaomiが4つの新しいスマートホームガジェットを発表してから数ヶ月、そのうちの1つである多機能スマート電球Yeelightがまもなく新たに登場する。Weibo(微博)のXiaomi Routerの公式カウントには、「Yeelightは現在ベータテストに入っている」と月曜日に掲載された。こちらのアンケートに今週末まで記入すると、ベータ版ユーザ50名に無料のYeelightが配られる。Xiami RouterのWeiboアカウントをフォローしているかしっかりと確認が必要だ。

アンケートに記入すれば、Xiaomi(小米)の他のスマートホームガジェットの将来のテストユーザーリストにものることになる。アンケートの回答が、Xiaomiの求めるテストユーザのプロフィールと合致していることが前提だが。

Weiboの投稿によると、Yeelightは「Xiaomi Router専用のアクセサリ」であるとしているので、この電球は他のルータでは使えないことを意味すると思われる。しかし、実はYeelightはHAXLR8Rを卒業した中国系のスタートアップだ。同社はYeelight用に別のウェブサイトを有しており、Xiaomi本社とは別の都市にオフィスを構えていることを考えると、Yeelightが他のルータでも使えるようになる可能性も考えられる。

Yeelightは、1,600色以上の異なる色を表現できるLED電球だ。連携したアプリを使えば離れた場所から電球を操作でき、「目覚まし」や「映画鑑賞」など特定の環境をあらかじめ設定して明るさを選ぶことができる。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【全文】

----------[AD]----------