クロゼットで眠るアイテムを再利用、ウェアシェアリングの月額ファッションレンタルサービス「SUSTINA」

SHARE:

SUSTINA

月額制のファッションレンタルサービスの登場が相次いでいます。プロのスタイリストがアイテムをセレクトしてくれる「airCloset」や、高級バッグに特化した「Laxus」など。3月下旬に新たにリリースを予定しているのが、オムニスが提供する「SUSTINA(サスティナ)」です。

着られぬままクロゼットに眠る洋服を再利用

サスティナが他サービスと異なるのは、ユーザーから買い取ったブランドの服やバッグなどの商品を扱う「ウェアシェアリング」のサービスであること。価格は、税抜きで月額5,800円。オンラインファッションコミュニティの「XZ(クローゼット)」のように、女性のクロゼットの中で着られぬまま眠る洋服を再利用することを目的としています。ピボットする前の「Material Wrld」を月額制のレンタルにした感じでしょうか。

「20世紀後半から始まった大量生産、大量消費の果てに、家に眠る使われなくなった衣類やバッグ、アクセサリーなどが大量に存在します。この状況が珍しくなく普通ですらある状態を大きな課題だと感じています。それを解決するソリューションとして、サスティナを考えました」(COOの斉藤貴志さん)

好きな組み合わせを選んで一度に5点までレンタル

Sustina-appSustina-selling-kit

サスティナでは、持ち物の買い取りやレンタルを含めてアプリで完結します。サービス側がアイテムを選ぶ「新しい発見」に重点を置いたサービスもありますが、サスティナではアクセサリーやバッグなど好きなアイテムを一度に5点まで自分で選ぶことができます。返却すると新たに5点がレンタルできる。配送料は無料で、返却期限もないため焦って返す必要もありません。気に入ったアイテムがあれば、購入して手元に残すことも。

また、着なくなった洋服を売った場合は、それをSUSTINAのクーポンに変換することが可能です。Amazonのギフトコードのようにそれを自分のアカウントにプールしておくと、他のアイテムを購入する際に利用できます。クーポンに変換することで、銀行振込額よりも10%査定額がアップするためお得なのだそう。今後は、このクーポンを月額レンタルの金額にも適応させることを検討中です。

サスティナのウェブサイトの一覧を見る限り、aquagirl、SNIDEL、ROSE BUD、SEE BY CHLOE、STUNNING LURE、ESTNATIONなどなど40ブランド以上、かなり幅広いブランドを扱っている模様。女性が持つ様々なファッションテイストに応えてくれそうです。

ミックスカルチャーなチームの挑戦

サスティナを運営するのは、4人の創業メンバーから成るオムニスです。アパレル業界から大手IT企業の元エンジニア、映像業界のディレクターや音楽業界など、多彩なバックグラウンドを持つ人材が集まっています。それぞれ異なる強みを持つミックスカルチャーのチームで、サスティナの展開に挑みます。

3月下旬にリリースを予定するサスティナは、まずは一部のユーザーに対して限定的にサービスを提供して試験運用していくとのこと。サービスの使われ方、ユーザーのニーズなどを見た上で、ユーザー体験を第一に考えたサービス内容にブラッシュアップしていく予定です。

----------[AD]----------