翻訳クラウドソーシングのGengoが、シリーズCラウンドで540万ドルを資金調達

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2015.4.22

gengo-office1

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

東京を拠点とするクラウドソーシング翻訳会社の Gengo は今週、シリーズCラウンドで540万ドルの資金を調達したと発表した。このラウンドはリクルート・ホールディングス(東証:6098)がリードし、SBIインベストメント三菱UFJキャピタルクラウドワークス(東証:3900)、アライドアーキテクツ(東証:6081)、Libertad が参加した。

同社はこれまでに、Intel Capital、フランスの通信会社 Orange の投資部門である Iris CapitalSTC Ventures、シンガポールの Infocomm Investments などから資金を調達している。同社は今回調達した資金を用いて、セールスとマーケティングを既存市場および新市場で拡大させる。

Gengo からのステートメントによれば、今回の調達の発表にあわせて、これまでの CEO である Robert Laing は特別プロジェクトに役割を移行し、新たに共同創業者の Matthew Romaine が同社の次の成長フェーズに向けて、CEO の役割に就くとしている。

<関連記事>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------