女性専用の匿名オンラインカウンセリング「ボイスマルシェ」の人気の秘密は当日24時間予約、約6割が利用

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2015.4.22

Voice-Marche-website

昨年10月に取材した女性専用のオンライン・カウンセリングサービス「Voice Marche(ボイスマルシェ)」。自宅などにいながらプロの女性カウンセラーに匿名で相談できることが支持され、カウンセリングの実行数は多い時で前月比130%。3周年を記念する施策を実施した今年2月は前月3倍を突破する人気ぶりでした。また、昨年10月時点で全国160名だったカウンセラーの数は、現在では200名を超えています。

ボイスマルシェが目指すのは、個人が気軽かつ簡単に専門的なカウンセリングを利用できる社会インフラです。個人が定期的にカウンセリングに通い、それを友人などにオープンに話す米国などと比べて、日本ではカウンセリングを受けるという行為自体がまだ定着していません。そんな日本でも、この3年間ボイスマルシェを運営する中でカウンセリングが普及する兆しが見えてきたと話す同社COOの菅野彩子さん。

「今まで占いに行っていた層とはまったく違う層の女性がボイスマルシェに来てくださっています。家庭の中でも職場においても、普段の困りごとに対してボイスマルシェを使ってくださっていて嬉しいです。開始から3年目に入った今年になって、件数と会員数の成長という形で結果が見えてきました」

当日24時間予約が約6割

Voice-Marche-find-your-counselor
カウンセラーを探す画面にある「今から探したい」の選択肢

一度カウンセリングを受けたユーザーの多くが、次回の予約をしてくれているため、初回のハードルをいかに無くすかがボイルマルシェにとって最大の課題だと言えます。この課題に対して効果を発揮しているのが、25分3,000円の「お試しカウンセリング」の存在です。

「お試し25分コースを使ってくださった女性の多くが、次回は55分の予約をしてくださっています。“お試し”という言葉があることで、初めてのカウンセリングでも気持ち的に少し気軽に感じられたりするのかもしれません」

仕事をしていたり子育て中だったりする女性にとって、スケジュールの急な変更も十分あえるため、前もってカウンセリングの予約を行うのはなかなか難しい。そんな女性のライフニーズに配慮して、ボイスマルシェでは直前や当日予約も可能です。現在、当日24時間以内の予約が全体の約6割を占めるそう。

カウンセリング予約が入る時間帯はというと、全体の4割以上が夜の20時~24時の4時間に集中しています。仕事が終わって帰宅した後、子どもを寝かしつけた後など、「相談したい」と思った時に、パッとプロの相談相手が見つかるだけの広い受け皿が用意されているのです。サイトのUIを見ても、カウンセラーを探す検索パネルの中に「今から話したい」という枠を設けて、思い立ったその時に相談相手がいることを明確にしています。

離婚相談の新しい選択肢

ボイスマルシェでは、「仕事」「恋愛・結婚・離婚」「子育て」「メンタルヘルス」「お金」と、5テーマのカウンセリングを扱っています。サービス開始当初、仕事を頑張っている利用者をペルソナとして想定していたため仕事関連の相談が他を上回るかと思いきや、実際に運営してみると5テーマどれも万遍なく予約が入っています。

最近予約件数を大幅に伸ばしているのが離婚相談です。ボイスマルシェ上のカウンセラー人気1位も離婚カウンセラー。本来、センシティブになりがちな離婚関連のトピックは匿名でも公開しにくいものであることが想像されますが、「同じように悩む女性のために」と善意で体験談(口コミ)を投稿してくれていることも、離婚相談件数の増加に繫がっています。

「離婚相談のニーズはこれまでもありましたが、どこに相談すればいいかわからなかったり、弁護士に行くと具体的な手続きの話になってしまうため、ここという行き先がありませんでした。ボイスマルシェではそんな女性の悩みにも答えています」

また、どれか一つのテーマに絞って相談するのではなく、一度ボイスマルシェで相談をして良いカウンセリング体験をした女性が、今度は最初とは異なるテーマで相談するといった複数テーマにまたがった利用も目立ってきています。

法人向けトライアルサービスも

プロに客観的に意見やアドバイスをもらうことで、普段友人に相談するのとはまったく違う視点を得ることができる。自分の悩みが子育てや家庭のことでも、はたまた職場やキャリアに関するものでも、ここに来れば相談する相手がきっと見つかると思える場に少しずつなってきました。

これまでは個人とカウンセラーを繋げて来たボイスマルシェですが、今後は法人向けサービスの試験運用を予定しています。2015年12月には、企業に対してストレスチェックの義務化が始まります。これを受けて、人材のメンタルヘルスや悩み相談などにいっそう気を配る企業が増えており、現在複数の企業と具体的に話を進めているとのころ。

また、ボイスマルシェのスマホ版に関してはスピード重視でひとまずレスポンシブなものを開発しましたが、情報量が多過ぎるのが現状です。今、この瞬間に予約できるカウンセラーだけを見せるなど、小さな画面からカウンセリング予約をするユーザーの思考により合ったユーザー体験にするための改善を続けて行きます。

サイトの口コミを見てみても、悩みの解決への糸口が見えた、すごく前向きになれたなどポジティブなフィードバックが集まっている模様。これまで一人で抱え込んでいた悩みを第三者に相談できるというだけでも救われる女性は多そうです。今後もボイスマルシェの動きを追いかけていきたいと思います。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------