中小企業向けクラウド型バックオフィス「Bizer(バイザー)」がAZXと資本提携

SHARE:

契助

中小企業向けクラウド型バックオフィス「Bizer(バイザー)」を開発・運営するビズグラウンドは、AZX Professionals Groupのパートナーを構成員とするAZX Bizer Support Fundを割当先とする第三者割当増資を実施した。

今回の提携に合わせて、ビズグラウンドが運営する中小企業向けクラウド型バックオフィスサービス「Bizer(バイザー)」で、AZX 総合法律事務所の弁護士に初回 30 分無料相談ができる「弁護士初回無料相談」機能と、AZX が提供する契約書作成サービス「契助」を割引利用できる機能がリリースされる。

ビズグラウンドは今後、会計事務所や税理士事務所向けの業務支援サービスの開発、中小企業向けサービス事業者への業務支援サービスの開発などを視野に入れ、サービスを拡充させていく方針だ。

ビズグラウンド代表取締役社長の畠山 友一氏によれば、「Bizer(バイザー)」のユーザ数は450社と、毎月50社ずつが増えているという。畠山氏は「2015年の目標ユーザ数を3,000社と置いているので、これら機能強化によって月間150〜200社ほどの増加を目指したいと思います」とコメントしている。

----------[AD]----------