Raspberry Piが公式タッチスクリーンデバイスを発売開始

SHARE:

front-centred

<ピックアップ>Raspberry Pi’s official touchscreen is now available for $60 

ものづくりをしている人にとって、シングルボードコンピュータといえばRaspberry Piを使う人も多いかもしれません。一部はオープンソースになっており、自由な開発ができる部品として多くの人が開発に利用しています。

そんなRaspberry Piが、専用のマルチタッチスクリーンをリリース。これで、Raspberry Piとつなぐことでコンパクトサイズのマルチタッチ・タブレットへと発展することができます。

一体型で動作するようにボード本体から電源を供給することができ、複数のディスプレイをつなげばデュアルディスプレイにもなりそうです。これだけのことができて60ドルという破格の値段も魅力です。その他、スクリーンのスペックはブログにて紹介されています。

色々と開発の可能性の幅が広がる今回のタッチスクリーンを使い、どんなものづくりをするか。Raspberry Pin世界が広がるワクワクする商品といえます。

via The Verge