Raspberry Piの組み込みも可能な人型模型ロボット組み立てキット「RAPIRO」が販売開始

SHARE:


rapiro-main

スイッチサイエンスが人型模型ロボットの組み立てキット「RAPIRO(ラピロ)」の販売を開始した。

見た目は可愛らしいが、サーボモーターを12個搭載し、Arduino互換の制御基板を内蔵したロボットの組み立てが可能だ。価格は44,100円と、組み立て式のロボットとしては安価に抑えられている。

プラスチック製のパーツで構成されたボディに、12か所の関節となるサーボモータを搭載。両目の部分はフルカラーLEDで自由に光らせることが可能。ドライバーでネジを締め、コネクタを接続していくだけで組み立てることができるという。

assemble

内蔵する制御基板は、オープンソースのマイコン開発環境であるArduino互換としている。サンプルプログラムが書き込み済みのため、組み立て後すぐに動作させることができるが、Arduino IDEからプログラミングすることも可能。RAPIROを踊らせたり、掃除をさせたりといった動作もできるようになる。

programable

さらには頭部にRaspberry Piを組み込むことができる。Raspberry Piは、名刺サイズで低価格なシングルボードコンピュータ。より高度な動作と、Bluetoothや無線LANによる外部接続が可能となるとのこと。専用オプションのカメラモジュールを搭載することもできる。

raspberrypi

電源は、ACアダプタかニッケル水素充電池(Ni-MH電池)単3形5個が必要。ニッケル水素電池では、45分~90分程度の動作が可能とのこと。RAPIROはロボット工学およびソフトウェアの分野での研究、教育、学習に加え、ホビーとしての使用を想定しているという。

製品化については株式会社スイッチサイエンス機楽株式会社株式会社ミヨシの3社による共同プロジェクト。プロジェクトを始めるにあたり、クラウドファンディングサイトにて支援を募集していた。

Kickstarterでは20,000英ポンドの目標に対し3.5倍以上となる75,000英ポンドの調達に成功。日本のMakuakeでも目標の2倍近くの560万円を調達している。

3月14日現在、同社サイト及びAmazonで販売中だ。