韓国の名刺管理サービス「Remember」が約6.6億円を資金調達、アジア展開へ

SHARE:

remember_featuredimage

韓国の名刺管理アプリ「Remember(리멤버)」を運営する Drama & Company(드라마앤컴퍼니)は8日、Partners Investment(파트너스인베스트먼트)、韓国投資パートナーズ(한국투자파트너스)、Aju IB Investment(아주IB투자)、Daekyo Investment(대교인베스트먼트)から合計65億ウォン(約6.6億円)規模の資金調達を実施したことを明らかにした。

Remember は現在、65万人以上が使用している韓国の代表的な名刺管理サービスで、入力精度が高いオペレータによる入力方式を採用して注目を浴び、消費者が選んだ「2015韓国消費者満足指数」の名刺管理アプリ部門で1位に選ばれたている。

Remember は他の名刺サービスとは異なり、メンバー間の離職、昇進などの最新の名刺情報の変更が自動的に更新され、カカオトークなどを活用した名刺の受け渡し保存機能も最近追加された。

また、個人情報漏洩の観点から、名刺画像を情報単位に別々に入力した後にマージする入力セキュリティシステムや SSL を採用し、世界の100大銀行と同じレベルの VeriSign 認証を取得するなど、高いレ​​ベルの情報セキュリティシステムを備えたクラウド名刺管理サービスを提供している。

今回の投資をリードした Partners Investment の進めたイ・パムソク(이범석)氏は、投資に至った背景を次のように説明している。

Remember は革新的なアプローチと執拗な実行力で、短期間に名刺管理市場をリードするようになったサービスだ。ビジネスネットワーク管理ツールを越えて、今後アジア市場で LinkedInを超える、新たなビジネスネットワークサービスへの成長が期待される。

Drama & Company の代表を務めるチェ・ジェホ(최재호)氏は、次のようにコメントしている。

2014年初めのリリース以来、累計95億ウォン(約9.7億円)の資金を調達し、サービスの開発と運営のための安定した基盤を準備してきた。より信頼して使える安全なサービス運営と、サービスの高度化のための開発に拍車をかけたい。

<関連記事>

Remember のモバイルアプリは、 Google PlayiTunes AppStore からダウンロードして無料で利用でき、デスクトップ版も利用できる。

【原文】

【via BeSuccess】@beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------