大学生2人のスタートアップ、ザノンが学生限定SNS「カレッジーノ」をサイバーエージェントグループのハシゴに事業譲渡

by Junya Mori Junya Mori on 2016.7.21

ザノン代表取締役の江澤拓宣氏
ザノン代表取締役の江澤拓宣氏

学生限定SNS「カレッジーノ」を運営するザノンが、同サービスをハシゴへと事業譲渡する。

ザノンは、学生2人によって運営されているスタートアップだ。ザノン代表取締役の江澤拓宣氏に、事業譲渡の経緯について、話を伺った。

collegino.jp

今回、ハシゴへと事業譲渡される「カレッジーノ」は、学生に限定したSNSサービス。元々、2015年1月に学生向けメディア「カレッジーノ」として活動を開始。就活、インターン、留学、学生起業などのテーマで情報を発信していた。

メディアだけではスケールが難しいと感じた彼らは、2015年12月にSNSへとサービスをシフト。「カレッジーノ」は、フォロー機能やニュースへのコメント機能などを備えたコミュニティとなった。現在、ウェブ版とアプリ版でサービスが提供されている。

SNSとは言いながらも、サービスの体験としては「NewsPicks」のような印象に近い。「NewsPicks」との違いは、「カレッジーノ」は編集部を持っていない点だろう。学生の視点で様々なトピックがコメントと共に投稿されている。

collegino app

江澤氏「ソーシャルメディアやイベント等を通じて、すごい社会人の話に学生も触れられるようになりました。ですが、社会人の話は学生からは距離が遠く、なかなかしっくりきません。一方で、学生の話はなかなか触れる機会がない。いろんな意見を持っている学生が、全国には数多く存在しています。「こんな学生がいたんだ」ということに、学生に知って欲しかったんです」

と江澤氏はサービスを立ち上げた経緯について語る。SNSの提供開始から数ヶ月で、コアユーザが定着し、ユーザ主体のオフ会も各地で開催されるようになった。「グロースのフェーズに入った」と江澤氏は考えたという。

江澤氏「学生がユーザのサービスは、学生が主体となって運営することに価値があります。ただ、僕たちが学生でいられる時間は限られていますし、広げていくにはリソースが限られている。そのため、学生がいて、リソースのあるところにイグジットしないといけないと考えていました」

何社かと話をしている中で、最もビジョンが一致したのがサイバーエージェントグループのハシゴだった。ハシゴは、2014年11月に学生向けインターンシップを専門に行う事業子会社として設立されている。学生が主体となる同社であれば、たしかに「カレッジーノ」と相性はいいだろう。

サイバーエージェント、東京と福岡を拠点に学生が経営や事業立ち上げを経験するための子会社を設立、代表にシロク飯塚氏が就任

「カレッジーノ」を事業譲渡したザノンのメンバーは、また近々新たなサービスの開発に着手するという。「次のSNSを作りたい」、そう江澤氏は語っていた。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------