THE BRIDGE

タグ Pepper

Alibaba(阿里巴巴)がロボティクス、AI、VR、ARの各分野における次のステップを発表

SHARE:

Alibaba(阿里巴巴)は、e コマースを専門とする一企業から独自の経済組織へと成長を遂げた。Alibaba の独身の日(Single’s Day)のイベントである Tmall Global ショッピングデー(天猫環球購物節)には、1日で1,207億人民元(178億米ドル)もの売上を記録した。同社はこの他、今後展開予定の興味深いプランも発表している。 ユーザの日常生活をよりスマートにすべく、ロボ…

Image Credit: TechNode
Image Credit: TechNode

Alibaba(阿里巴巴)は、e コマースを専門とする一企業から独自の経済組織へと成長を遂げた。Alibaba の独身の日(Single’s Day)のイベントである Tmall Global ショッピングデー(天猫環球購物節)には、1日で1,207億人民元(178億米ドル)もの売上を記録した。同社はこの他、今後展開予定の興味深いプランも発表している。

ユーザの日常生活をよりスマートにすべく、ロボティクス、AI(人工知能)、 AR(拡張現実)、VR(バーチャルリアリティ)の各分野が、e コマース、ロジスティクス、サービス業、金融といった部門で採用される。

IoT 向けに開発されたクラウドベースのデータおよびサービス志向のオペレーティングシステム(OS)YunOS が、スマートフォン、ウェアラブル、インターネット自動車、ロボット、家庭用スマート機器など、広範囲におよぶスマートデバイスに搭載される。

YunOS は、スマートフォンの中国国内出荷で14%のシェアを占めると予想されており、Apple iOS に次いで市場で2番目に規模の大きい OS になると見られている。Alibaba は、Meizu(美図)、XiaoLaJiao(小辣椒)、Doov など YunOS を搭載したスマートフォンの総出荷台数を1億台以上に増やしたいと望んでいる。

同社が e コマースの限界にどのようにして挑んでいくのか、独身の日の同社イベントで紹介されたハイライトを以下にいくつか紹介しよう。

VR+e コマース

Alibaba’s Buy+ demo using HTC Vive
HTC Viveを使用したAlibabaの「Buy+」デモ
Image Credit: TechNode

Alibaba と HTC は、HTC を搭載した VR 対応の最新スマートフォン上で、Alibaba の新たな「Buy+」モバイル VR チャンネルのデモを共同で行った。Alibaba は Macy’s、Target、Costco と協力し、顧客が海外商品を購入する際に「Buy+」VR 体験を楽しめるようにしている。ユーザはどこで買い物するかを選択することが可能で、東京、ニューヨークの Macy’s、あるいはニュージーランドの農園で商品を購入できる。

AI+決済

A user pays for a cup of coffee using Alipay’s facial recognition.
Alipay の顔認識機能でコーヒーを買うユーザ
Image Credit: TechNode

Alipay は将来、決済処理に顔認識機能を導入するかもしれない。注文処理を実行する時に Alipay(支付宝)アカウントにログインする際、ユーザの ID をフェイススキャンで確認するのだ。Alibaba は、顔認識機能を活用した決済処理が将来技術的に可能になることを示している。9月、Alibaba の系列会社である Ant Financial(螞蟻金融)が、アメリカ拠点の Eyeprint ID 用バイオメトリクスプラットフォームを製造する EyeVerify を買収している。

ロボティクス+サービス

Powered by YunOs, Pepper will scan passengers ID card and print their boarding pass.
YunOs を搭載した Pepper は搭乗客のIDカードをスキャンし搭乗券を発行する
Image Credit: TechNode

中国で、飛行機の利用客をヒト型ロボット Pepper が出迎えるようになる日も近いかもしれない。YunOS が搭載された Pepper は、搭乗客の ID カードをスキャンし、搭乗券を発行する。また道案内をしたり、英語から中国語への翻訳を行ったりすることもできる。Pepper は SoftBank Robotics Holdings が生み出したロボットだ。中国本土、香港、マカオにおける同社のロボットビジネスは、SoftBank Robotics Holdings と Alibaba Group が共同設立したジョイントベンチャー Alibaba Robotics が運営している。Alibaba はロボットの AI サービスを提供し、杭州におけるロボットの開発と運用を担当している。

AR+ロジスティクス

Cainiao introduced an AR sorting system with Microsoft Hololense.
CainiaoはMicrosoft HololenseによるAR仕分けシステムを導入した
Image Credit: TechNode

Alibaba Group のロジスティクス系列会社 Cainiao(菜鳥)は、ビックデータを活用するインテリジェンスロジスティクスのプラットフォームを提供している。中国におけるロジスティクス関連の問題を解決しようと、Cainiao は倉庫やロジスティクス企業と提携した。巨大 e コマース企業である同社は、国内配送を24時間以内、国外配送を72時間以内に完了させることを目指し、AR による仕分けシステムの試験や調査を実施している。Microsoft Hololense AR ヘッドセットを用いた同ソリューションを取り入れることで、従業員は指定の棚まで最短距離で移動し荷物を手にすることができる。AR ヘッドセットはさらに、バーコードをスキャンし、商品の品質確認も行う。

ロボティクス+ロジスティクス

Alibaba’s robot will help move goods inside the warehouses
倉庫内の商品運搬役を担うAlibabaのロボット
Image Credit: TechNode

AGV(Automated Guided Vehicle、無人搬送車)は、仕分け済みの商品を載せた仕分け棚を持ち上げ、指定の場所まで運ぶ。

Cainiao は、特定商品を梱包するにあたり最も適切なサイズの紙箱を自動的に計算するアルゴリズムを開発した。このアルゴリズムを活用することで梱包材が5%から15%節約できる。

クラウド+車

Roewe RX5 is connected to Alibaba’s cloud YunOS.
コネクテッドカーのRoewe RX5はAlibabaのYunOSを搭載している
Image Credit: TechNode

Roewe RX5は初めて大量生産された YunOS 搭載車だ。車はワイヤレスでクラウドに接続し、オープンプラットフォーム上でスマートデバイスの動作が可能になる。スマートフォンのようにユーザとアプリが相互にやり取りしながら自動的に車を追跡し写真を撮影するようドローンをプログラミングすることが可能だ。音楽やエアコン操作といったオペレーションはボイスコマンドで管理できる。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Pepperプロジェクトの崩壊から学べること【ゲスト寄稿】

本稿は、パリと東京を拠点に世界各地のスタートアップへの投資を行っているベンチャー・キャピタリスト Mark Bivens によるものだ。英語によるオリジナル原稿は、THE BRIDGE 英語版に掲載している。(過去の寄稿) This guest post is authored by Paris- / Tokyo-based venture capitalist Mark Bivens. The …

mark-bivens_portrait本稿は、パリと東京を拠点に世界各地のスタートアップへの投資を行っているベンチャー・キャピタリスト Mark Bivens によるものだ。英語によるオリジナル原稿は、THE BRIDGE 英語版に掲載している。(過去の寄稿

This guest post is authored by Paris- / Tokyo-based venture capitalist Mark Bivens. The original English article is available here on The Bridge English edition.


rudevc_pepper-salted

先週、Bloomberg が Pepper の失敗したプログラムについて記事を掲載した。この感情を持つインテリジェントなロボットはもともと、フランスの Aldebaran Robotics によって開発され、その後、同社は2012年、日本のソフトバンクに約1億ドルで買収された。

Pepper プロジェクトの崩壊は長きにわたって噂されているが(Rude Baguette は、この話を約2年前に報じている)、日本でもそのことが広く知られるようになったのは、ごく最近のことだ。最近、私が東京へ出張したとき、(私のひどい日本語の発音にもかかわらず)私をインターフォンごしに暖かく迎え、エレベータへ案内し、会議室へ通し、私にコーヒーを出してくれたのは、魅力的でもてなしのうまい Pepper の受付ロボットだった。

憶測や非難については、この Rude Baguette の記事にあるコメントに多く書かれているが、今回の Bloomberg の記事のある部分に、私は特に関心を持った。

Aldebaran とソフトバンクの文化は、あまりうまく調和しなかった。Aldebaran のフランス人エンジニアがバケーションで数週間不在にすると、日本のエンジニアたちは憤慨した。フラットな組織構造に慣れている Aldebaran の従業員は、自分たちの決断の多くに対して、日本にいるマネージャーたちから突如としてとやかく言われることもあった。ソフトバンクは、ロボットビジネスの統括と Pepper の販売のために、ソフトバンクロボティクスを設立した。同社は、この開発プロジェクトの統括に、冨澤文秀氏をビジネスマネージャーに任命した。彼は英語もフランス語も話さない。そして、孫正義氏は、緊密な関係にあるベテランのネットワークエンジニア筒井多圭志氏を技術担当につけた。

ここで、この残念で避けようのない Pepper プロジェクトの崩壊から学べることがある。

買収は、組織の機能不全を魔法のように解決することはない。私は Aldebaran の初期の投資家の話からとして、ソフトバンクが救済する前、Aldebaran が社内での結束力の低下という問題に直面していたのを知っている。聞くところでは、Aldebaran のマネージメントに、我慢ならなかった投資家もいるようだ。フランス企業で人事の問題を解決することは既に地元の株主には難しく、その問題解決は海外の買収企業へと託されることとなる。

このような大陸を横断しての買収においては、文化を超えた訓練が重要になる。ソフトバンクと Aldebaran の社風は、全く対照的なものだった。ヒエラルキーな組織 対 フラットな組織、整理された組織 対 無秩序な組織、オフィスに出勤することが重視される労働環境 対 最低でも5週間のバケーションをとり RTT(Reduction du temps de travail:労働時間短縮法)の取得が賞賛される労働環境だ。

言葉ができたり、海外での勤務経験があったりするなど、社風の隔たりを埋められる可能性のある従業員たちには、このような提携関係においては重要な役割を持たせるべきだ。組織において上級職とかエキスパートと見られていない人たちであっても、人間関係を調整できる人は、合併初期の重要な時期には大変価値のある存在だ。

最後に、ソフトバンクによる Aldebaran の買収という実験は、LaFrenchTech が重視しているであろう努力の必要性に、光を当てることとなった。政治や外交に通じたリソースにアクセスできることから、LaFrenchTech のような政府の活動は、フランスのスタートアップが日本という見知らぬ土地で道を探す上で道先案内ができたということだ。

----------[AD]----------

バーコードをスキャンするとPepperが多言語で商品情報を教えてくれるーー商品情報の多言語データベース「Payke」

SHARE:

「手にとってラベルを見ても、それがなんの商品なのかよくわからない」ーー海外に行ったことのある人なら、こんな経験をしたことがあるだろう。 日本人が海外を訪れた際にこうした経験をするのと同様に、海外から日本を訪れた人々もパッケージを見ただけではどんな商品なのかわからない。 どんな商品なのかわからなければ、購入することは難しい。日本の小売店に置かれている商品たちは、買われるチャンスを逃しているとも言える…

payke

「手にとってラベルを見ても、それがなんの商品なのかよくわからない」ーー海外に行ったことのある人なら、こんな経験をしたことがあるだろう。

日本人が海外を訪れた際にこうした経験をするのと同様に、海外から日本を訪れた人々もパッケージを見ただけではどんな商品なのかわからない。

どんな商品なのかわからなければ、購入することは難しい。日本の小売店に置かれている商品たちは、買われるチャンスを逃しているとも言える。

沖縄発のスタートアップ Payke(ペイク)が目指すのは、訪日観光客にも商品の魅力を伝えていくことだ。Paykeは、商品のPR情報を多言語化し、バーコード(JANコード)にひも付けてデータベース化している。

Paykeのサービスを利用すると、ユーザは商品のバーコードをスキャンするだけで、商品情報や背景にあるストーリーを自らの言語に合わせて知ることが可能になる。バーコードを読み取って表示される情報は、各商品を開発しているメーカーが自ら登録し、メーカー向けの管理画面から編集・更新することが可能だ。

現在、300社ほどのメーカーがPaykeに商品データを登録しているが、まだまだデータの数は少ない。ユーザが商品バーコードをスキャンした際に、該当データがない場合、 ネットをクロールして商品情報を引っ張り、翻訳をかけて表示される。どの商品のバーコードがスキャンされたのかのログが残るため、メーカーは自分たちのどの商品がスキャンされているかを知ることができる。

以前、本誌にてPaykeを紹介した際と変わってきているのは、小売店での対応だ。小売店の定員も、すべての商品の情報に関して回答可能なわけではない。店舗によっては、スタッフがPaykeのアプリを入れたiPadを用いて、訪日観光客に商品について質問されたときに商品情報を伝えているという。

身近なバーコードが新しい情報のインフラになる−−スキャンするだけで商品情報が閲覧できる「Payke」が築くインバウンド消費のおもてなし

小売店向けにも管理画面が用意されており、自社ページへのアクセスデータの解析が可能となっている。店舗ページを閲覧しているアプリ利用者の国籍、 性別、年代などのマーケティングデータを閲覧できる。

retail04

スタッフがiPadを持つ以外のアプローチも増加している。店舗によっては、一定間隔ごとに商品棚にタブレット端末を固定。来店した訪日観光客は、そのタブレット端末を用いて、商品データのスキャンが可能になっている。この方法であれば、人的なリソースもかからない。

さらに、新たなアプローチも生まれている。「SoftBank World 2016」では、PaykeとPepperの連携について発表された。Pepperが来店客に話しかけ、商品バーコードの読み取りを促す。バーコードを読み取ったPepperは、Paykeのデータベースにある情報を該当の言語で話してくれる。

銀座のドン・キホーテではすでに試験的に運用が始まっており、物珍しさもあって多くの観光客が商品データのスキャンを行っているとPayke代表取締役CEOの古田 奎輔氏は語る。同社は蓄積してきたデータを武器に、今後も様々なプレイヤーとの連携を図っていく予定だ。

----------[AD]----------

Pepperついに働き出す:まずはピザハットのお会計係から

SHARE:

<ピックアップ> Pepper the robot’s next job is Pizza Hut cashier 最近、ハッカソンとか◉◉ラボ的な場所でよく見かけるようになったソフトバンク謹製のPepper。当初にあれやこれや騒がれた受付業務だとかそういうガチ業務には実際のところまだ荷が重いのかしらと思っていたらようやくそれっぽいソリューションが出てきたようです。 マスターカードとソ…

image

<ピックアップ> Pepper the robot’s next job is Pizza Hut cashier

最近、ハッカソンとか◉◉ラボ的な場所でよく見かけるようになったソフトバンク謹製のPepper。当初にあれやこれや騒がれた受付業務だとかそういうガチ業務には実際のところまだ荷が重いのかしらと思っていたらようやくそれっぽいソリューションが出てきたようです。

マスターカードとソフトバンクが連携して実現したもので、Pepperをキャッシャーマシーン、つまり会計できるロボットにしてくれたというのです。マスターカードのデジタルウォレットサービス「MasterPass」を決済ポイントとしてPepperが利用できるようになる、というもので主に東南アジアのピザ・ハットで実際に今年の終わりまでにお目見えするとか。

Pepperはそのお客さんが購入した履歴や感情の状況からリアクションを変えらえるようになっており、その時々で冗談とか言ってくれるそうです。最後はお客さんの承諾をもってデジタルウォレットから決済完了。

ビデオを見ると、「ハイ!ペッパー!アイムハングリー!」という絶対に実際の店では言わないであろうコメントから始まるところが微笑ましい限りですが、全体的にはまあこんなもんでしょう。

いや、予想以上にしっかりと注文を受けております。

image

ちなみにMasterPassを持っていない場合にはどうなるのでしょう、高い確率で「オーダーは店頭でやれ」とそっけなく回答されそうなのも想像掻き立てられていい感じです。

その昔、とある飲料メーカーが出す自動販売機にはくじが付いており、ハズれた時に何かを語りかけられた記憶があるのですがあれに比べればほぼ人間、下手な人間だったらこっちの方が嬉しかったりするかもしれません。早く日本でも展開してくれないでしょうか。

via TechCrunch

 

----------[AD]----------

「Pepper」、初回生産分300台が販売開始からわずか1分で完売

SHARE:

ソフトバンクロボティクスが、6月22日午前10時からウェブサイト上で開発者向けに販売開始したパーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」が、開始まもなく販売予定数を上回る申し込みがあり、受け付けを終了した。完売するまでにかかった時間はなんとわずか約1分。 本体価格に、基本使用料、保険料まで支払うとなかなかの金額になる「Pepper」がわずか1分で売り切れるとは驚き。今回は、販売予定数を上回る予約…

fig_main

ソフトバンクロボティクスが、6月22日午前10時からウェブサイト上で開発者向けに販売開始したパーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」が、開始まもなく販売予定数を上回る申し込みがあり、受け付けを終了した。完売するまでにかかった時間はなんとわずか約1分。

本体価格に、基本使用料、保険料まで支払うとなかなかの金額になる「Pepper」がわずか1分で売り切れるとは驚き。今回は、販売予定数を上回る予約が入ったため、抽選による販売となる。次回生産分の販売は2015年夏ごろ。このころには一般家庭向けの販売についても開始する予定。

一般向けの販売が行われるタイミングで、どの程度売れるのかも気になるところ。



----------[AD]----------

ソフトバンクが感情認識パーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」を開発、本日より一部店舗に設置

SHARE:

ソフトバンクモバイル株式会社と人型ロボット工学のALDEBARAN Robotics SASは、さまざまな技術や機能を搭載した情認識パーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」を共同で開発したことが話題となっている。 人型ロボットである「Pepper」には、周囲の状況を把握して自律的に判断し行動する、独自のアルゴリズム(計算方法)が搭載されているという。 最新の音声認識技術や、滑らかな動きを実現…


Pepper

ソフトバンクモバイル株式会社と人型ロボット工学のALDEBARAN Robotics SASは、さまざまな技術や機能を搭載した情認識パーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」を共同で開発したことが話題となっている。

人型ロボットである「Pepper」には、周囲の状況を把握して自律的に判断し行動する、独自のアルゴリズム(計算方法)が搭載されているという。

最新の音声認識技術や、滑らかな動きを実現する関節技術、人の表情と声のトーンを分析して人の感情を推定する感情認識機能を搭載するなど、人とのコミュニケーションに特化した機能とインターフェースを備えている。



「Pepper」は、世界中の開発者が作ったさまざまな「ロボアプリ」(動きや会話、センサーなど、Pepperの各機能を組み合わせた動作プログラム)をダウンロードして「Pepper」の機能を拡張できる仕組みも提供する予定だ。

開発者には、「ロボアプリ」を開発するためのSDKを提供する予定となっており、ソフトバンクは2014年9月に、東京で技術仕様や開発方法の詳細などを公開するテックフェスティバルの開催も計画している。



「Pepper」は、2015年2月に本体価格19.8万円(税抜)で発売予定。本日、2014年6月6日より、ソフトバンク表参道およびソフトバンク銀座に「Pepper」が設置される。「Pepper」の配置店舗は順次全国に拡大していく。

index_pic_03

----------[AD]----------