Pepperついに働き出す:まずはピザハットのお会計係から

SHARE:

image

<ピックアップ> Pepper the robot’s next job is Pizza Hut cashier

最近、ハッカソンとか◉◉ラボ的な場所でよく見かけるようになったソフトバンク謹製のPepper。当初にあれやこれや騒がれた受付業務だとかそういうガチ業務には実際のところまだ荷が重いのかしらと思っていたらようやくそれっぽいソリューションが出てきたようです。

マスターカードとソフトバンクが連携して実現したもので、Pepperをキャッシャーマシーン、つまり会計できるロボットにしてくれたというのです。マスターカードのデジタルウォレットサービス「MasterPass」を決済ポイントとしてPepperが利用できるようになる、というもので主に東南アジアのピザ・ハットで実際に今年の終わりまでにお目見えするとか。

Pepperはそのお客さんが購入した履歴や感情の状況からリアクションを変えらえるようになっており、その時々で冗談とか言ってくれるそうです。最後はお客さんの承諾をもってデジタルウォレットから決済完了。

ビデオを見ると、「ハイ!ペッパー!アイムハングリー!」という絶対に実際の店では言わないであろうコメントから始まるところが微笑ましい限りですが、全体的にはまあこんなもんでしょう。

いや、予想以上にしっかりと注文を受けております。

image

ちなみにMasterPassを持っていない場合にはどうなるのでしょう、高い確率で「オーダーは店頭でやれ」とそっけなく回答されそうなのも想像掻き立てられていい感じです。

その昔、とある飲料メーカーが出す自動販売機にはくじが付いており、ハズれた時に何かを語りかけられた記憶があるのですがあれに比べればほぼ人間、下手な人間だったらこっちの方が嬉しかったりするかもしれません。早く日本でも展開してくれないでしょうか。

via TechCrunch

 

----------[AD]----------