世界最大決級の決済市場中国にマスターカードが再挑戦ーー中国元決済、アメックスに続けるか

SHARE:
money-card-business-pocket-51122.jpeg
Photo by Pixabay on Pexels.com

ピックアップ:Mastercard says plans to apply for China license to clear card payments

ニュースサマリー:米国ペイメント企業のマスターカードは25日、中国における決済業務ライセンスを再度申請すると発表した。マスターカードは2017年の時点で中国にライセンス申請を提出していたが、2018年6月に自発的に一度申請の取り下げをしていたそうだ。

2020年に世界一の決済市場となるといわれている中国は、2017年よりライセンス制度における海外資本参入の自由化へと動いている。昨年11月にはアメリカンエクスプレスが米国企業としては初めてライセンスを取得し、中国元が決済可能となった。しかしそれ以前は中国資本のUnionPayとパートナーシップを結ばない限り、国内決済ネットワークにアクセスすることはできず、独占市場だった。