報道機関向けニュース素材収集のSpectee、監視カメラシステム大手のCBCと手を組み、台湾・シンガポール・アメリカ市場に進出へ

SHARE:

spectee_featuredimage

人工知能を活用したソーシャルメディア分析により、ニュースに関するテキストや写真をいち早く伝えるプラットフォームを提供する Spectee は15日、同社の報道機関向けニュース素材収集サービス「Newsdeck」の海外展開を開始すると発表した。同社は7月にシリーズAラウンドで資金調達を行っているが、海外展開はこのラウンドに参加した、監視カメラシステムブランド GANZ を展開する CBC との協業で実施する。

具体的には、年内に台湾とシンガポールに法人を設立し、CBC の現地拠点を使って営業を開始。アメリカには市場調査を主な目的として今秋に法人を設立し、来年以降 CBC のアメリカ国内支店網を活用して、アメリカ向けの営業展開を開始するとしている。

台湾には、民視(FTV News)、華視(CTS News)、中天 (CTi News) 、東森(EBC News)、新唐人亜太 (NTDAPTV) 、TVBS など、通信衛星を使って世界中に住む華人に向けニュースを放送するテレビチャンネルが数十局以上存在する。また、シンガポールには、ニュース専門局「Channel NewsAsia」を運営する Mediacorp の親会社による、メディアビジネス特化型スタートアップ・アクセラレータ「SPH Plug & Play」が存在するほか、BBCCNBC といった国際放送局もアジア地域の放送センターを配置している。日本よりも遥かに潜在的な顧客数が多いこれらの市場で、Spectee は CBC の現地拠点を活用し、営業活動を展開することになる。

アメリカでは、全国的なテレビニュース網は、CBS・ABC・NBC の三大ネットワークに加え、CNN や Fox News などの衛星専門チャンネルによる寡占状態にあるものの、2,000以上あると言われる地方テレビ局が Spectee のターゲットになり得るだろう。報道要員が必ずしも多くなく通信社などもカバーしていない地方において、地方テレビ局はソーシャルメディアを活用することで、多岐にわたるニュース画像の確保が可能になるからだ。アメリカで Newsdeck に似たサービスを先行する Banjo は、複数の地方局を傘下に有する Sinclair Digital Group 系列局などに導入されており、Spectee にとってアメリカでの成功は、地方局に対し Banjo にまさる価値を提供できるかどうかがカギとなるだろう。

----------[AD]----------