タイ発オンライン決済サービスのOmise、ICOで2,500万米ドルを調達——VCからの累積調達額を上回る

SHARE:

<ピックアップ> Omise Supplements VC Funding Through Abstemious Token Offering

バンコクに拠点を置くオンライン決済サービスの Omise は、イーサリアム・トークン標準「ERC20」に則った新興仮想通貨「OmiseGO(略称:OMG)」の発行によって2,500万米ドルを調達し、この ICO(Initial Coin Offering=仮想通貨売却による資金調達)を完了した。

同社はこれまでに VC から2,000万米ドルを調達しているが、今回の ICO を通じた調達額はこれを上回るものとなる。今回の ICO では、OMG 発行全体の 65.1% が売りに出され、5% がイーサリアム保有者(airdrop)に、そして、残りの29.9% が投資ファンドと Omise のチームメンバーに分配された。

OmiseGO は目下開発中で、2017年第4四半期にはサービスを開始するものとみられる。

最近の ICO 事例を見てみると、Mozilla 前 CEO の Brendan Eich 氏が立ち上げたブラウザスタートアップ Brave が3,500万ドルを1分に満たない時間で調達したことが有名。調達額の大きいものでは、フィンテックスタートアップの TenX が8,000万ドル、Tim Draper 氏が支援する ICO イネイブラーの Bancor が2時間半で1.5億ドルを調達している。

<参考文献>

Via ETH News

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録