中国のニュースアグリゲーションアプリ「Toutiao(今日頭条)」、新ラウンドで20億米ドルを調達——バリュエーションは200億米ドル【報道】

by TechNode TechNode on 2017.8.14

ロイターが消息筋からの情報として伝えたところでは、Jinri Toutiao(今日頭条)は新しい資金調達ラウンドで、200億米ドル(約2.2兆円)超のバリュエーションで、20億米ドル(約2,183.9億円)以上を調達したようだ。報道では、この中国を代表するニュースアグリゲーションアプリが、新しいラウンドのリードインベスターとして、アメリカのプライベートエイティファーム General Atlantic を獲得するかもしれない、と伝えている。Toutiao および General Atlantic の両社は、この調達についてまだ認めていない。

Toutiao は中国国外では有名ではないかもしれないが、国内市場では、新しい BAT(Baidu=百度、Alibaba=阿里巴巴、Tencent=騰訊)だと言われている。2016年末、Toutiao はシリーズ D ラウンドで Sequoia Capital、中国建設銀行の投資部門 CCB International(建銀国際)などからシリーズ D ラウンドで10億米ドルを調達している。

Toutiao は現在、自らのニュースフィードアプリや類似したニュースアグリゲーションプラットフォームへの投資を通じてそのリーチを伸ばしつつある。Toutiao はこれまでに、Flipboard(編注:原文では Flipboard となっているが、正しくは Flipagram)を買収した北米をはじめ、ブラジル、インド、インドネシア、日本に進出している。

Toutiao は、その成長の多くをデジタル広告戦略に依存している。昨年、Toutiao はフィード内広告で60億人民元(983億円)の売上があったと報告した。今年、同社の創業者で CEO の Zhang Yiming(張一鳴)氏は、売上見込を150億人民元(2,457.6億円))に設定した。

しかしながら、Toutiao の人工知能によるアグリゲーションシステムは、。最近のテレビ局の Beijing Time(北京時間)からのものをはじめ、著作権違反についての非常に多くの告訴をもたらしている。2016年11月には、ニュースウェブサイトの Ifeng(鳳凰)が、著作権侵害により2,200万人民元の損害を被ったとして Toutiao を訴えた。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------