中国にY Combinatorが正式上陸、中国人起業家のプログラム卒業、成功事例は増加中

by TechNode TechNode on 2018.4.29

WeChat-圖片_20180425101409
Y Combinatorがスタートアップスクールを北京に立ち上げる(Image Credit:Y Combinator WeChat 投稿より)

本誌中国語版にてお伝えした通り、シリコンバレーを拠点とするスタートアップインキュベーターY Combinator(YC)が正式に中国本土にやってくることとなった。

同社は中国への進出計画を発表し、コンセプトステージ、プロダクトのテストフェーズ、急成長ステージのいずれの段階にもかかわらず、すべてのフェーズでスタートアップの参加を歓迎するとしている。Y Combinatorは、より多くの中国起業家と共に働くことを期待しているとし、5月19日には北京清華大学でStartup Schoolの立ち上げも公表している。

このプログラムの参加者は、YCパートナーであるサム・アルトマン氏をはじめ、AirbnbやStripeのようなYCが投資する米国の新興企業の創業者たち、中国生まれのRaven TechやStrikinglyと協業するチャンスを得られる。

ちなみに中国のAIスタートアップであるRaven Tech社は、2017年にBaiduに買収されている。 2005年に設立されたY Combinatorは、Airbnb、Dropbox、Redditなどをはじめ、1400社を超える著名企業に投資してきた。

_20180425103629
Y Combinatorの投資企業一覧(Image Credit:Y Combinator)

YCの共同設立者であるEric Migicovsky氏はここ数年、中国の起業家や投資家と緊密に連絡を取り合っているそうだ。その中で同社は、初めての中国人起業家がプログラムを卒業した2013年バッチ以降、同様の卒業や成功事例は増え続けていることを明らかにしている。

【原文】

【via Technode】 @technodechina

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------