GincoがLongHashと提携、WOOKONGと共同でICカード型ハードウェア仮想通貨ウォレット「Kinco」を開発へ——生体認証・非接触通信に対応

SHARE:
Image credit: Ginco

仮想通貨ウォレットアプリ「Ginco」を開発・提供する Ginco は13日、仮想通貨に特化したメディアやインキュベーション事業を展開する LongHash との提携を発表した。これを受けて、Ginco は LongHash が支援する WOOKONG とともに、WOOKONG が持つハードウォレット開発技術と、Ginco が持つソフトウェアアプリケーションを連携した、IC カード型ハードウェアウォレット「Kinco」を共同開発する。

Image credit: Ginco

Kinco は、ハードウェアウォレットに付属する IC チップ内で、「乱数に基づく鍵生成」「仮想通貨用のウォレットアドレス生成」「トランザクションの署名(暗号化)」を行い、資産移動に関する重要な処理を完全にオフラインで完結させることができる。オンライン端末との接続の際には、指紋による生体認証によりパスワード無しで、非接触通信によりトランザクションデータを共有できる。

Image credit: Ginco

Ginco では、仮想通貨ウォレットの Ginco とハードウェアウォレットの Kinco がシームレスな UI/UX 連携を可能とすることにより、それぞれ、資産のより安全な管理を行う「金庫」と、資産利用のための「財布」とを両立したソリューションになると位置付けている。Kinco の販売開始は2019年上半期を予定。価格などについては現時点で公表されていない。

Via PR TIMES

----------[AD]----------