ブロックチェーンがディスラプトしつつある16の産業分野【インフォグラフィック】

by e27 e27 on 2018.11.14

Image credit: Marisa Howenstine via Unsplash

ブロックチェーン技術は、近年の歴史上で最もインパクトのある発見の一つだろう。それはオンライン取引の扱い方を大きく変える可能性をはらんでいる。懐疑的な点はあるものの、専門家の大多数はブロックチェーンが銀行や金融取引などをディスラプトする可能性について賛同している。

しかし、この技術はどのようなものなのだろう? BitFortune.net は、わかりやすくそれらを解説し、それぞれの異なる産業分野がブロックチェーンからどのような利益を享受するのか、洞察を提供してくれている。

簡単に言えば、ブロックチェーンは P2P ネットワーク上で非中央集権的な取引を可能にするものだ。仲介人を必要とせず、運用が簡単になり、最も重要なのは料金が下がることだ。さらにブロックチェーンを通じて実施された取引は、さらにセキュアになり、透明化され、プライベートなものになる。

前述したように、ブロックチェーン技術の実装によって享受できる利益は、産業分野によって異なると考えられるが、このグラフィックはその点を解説したものだ。例えば、銀行業界は取引が加速化され、料金が安くなり、セキュリティが高まり、記録保持が改善されるといった具合に。

ブロックチェーン技術は、電子投票システムをも改善する。この技術を投票システムに導入すれば、ブロックチェーンによって、投じられた取引内容は公に閲覧可能となり変更や修正ができないため、政府は投票を改ざんできなくなる。

このインフォグラフィックを見れば、ブロックチェーン技術によって、音楽から政府まで16の産業分野がどのように改善するかが理解できるだろう。読んでみて、そういった産業分野の将来がどのようになるかを理解してみてほしい。

【via e27】 @E27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------