申し込みから融資実行まで「会わずに」実行する住宅ローンのモゲチェック・プラザ、取扱金額が200億円を突破

SHARE:

mogecheck.png

MFSは11月22日、同社が運営する住宅ローン新規借り入れ・借り換え代行サービス「モゲチェック・プラザ」の住宅ローン取扱金額が、2018年10月末時点で200億円を突破したことを発表した。

モゲチェック・プラザは、全国700金融機関から利用者に最適な住宅ローンを選び出し、利用者に代わり申し込み手続きを行うサービス。2016年4月のサービス提供開始以降、累計相談件数は5,000件に達している。

融資実行まで電話とオンラインのみで完結するのが特徴で、最適な住宅ローンを利用者へ紹介、必要書類準備から金融機関との交渉までの借り入れ・借り換え手続きをコンサルタントが代行する。その他、住宅ローン完済まで住宅ローン状況や金利動向レポートを毎月メールで通知して完済までサポートする。

via 株式会社MFS

----------[AD]----------