軍向け製品開発も、ロボットサポーター「Roam Robotics」が1200万ドルを調達ほかーー【今日の調達ウォッチ】

by ゲストライター ゲストライター on 2018.12.6

本稿は世界のスタートアップシーンを伝える起業家コミュニティFreaks.iD編集部との連動記事。資金調達に成功した事例をデータベースとして毎日更新中。いち早くニュースをチェックしたい人はこちらを参照されたい

383D2B17-FF34-4A68-9312-706A1A35E592
Image Credit: Easyshi

香港発、国際物流に特化したEC決済プラットフォーム「Easyship」がシリーズAラウンドで400万ドルを調達。ダッシュボード上で見積もりから配送手配、支払いまでを手軽に済ませられるサービス。同社サービスを利用することによって配送コストを最大60%削減できるという。 – Easyship, a Stripe for global e-commerce shipping, raises $4M

E5D5455A-F53B-483B-A294-2C7C1862E39E
Image Credit:UrbanClap

インド発、ホームサービス検索プラットフォーム「UrbanClap Technologies India」がシリーズDラウンドで5,000万ドルを調達。フィットネストレーナーやネイリストに代表される様々なジャンルのサービス提供者を手軽に検索できる。300万以上のサービスを取り揃えており、10万人以上のプロバイダーが登録している。今回の資金調達で時価総額は5億ドルに達した。- UrbanClap raises $50 Mn Series D round at $500 Mn valuation

E163D26F-30A0-4BEA-8CEA-2EABF9D29E4D
Image Credit:  POINT INSIDE

屋内マッピングサービス「 POINT INSIDE」が350万ドルを調達。IoTを該当建物内に配置して小売店や空港、ショッピングモールなどの施設内の詳細なマップを作成する。たとえば小売店では同社サービスを従業員の持つアプリに入れることで人員配置やストアマップを把握することなどが可能。累計10万ほどのマップを作成したという – Point Inside Raises $3.5M

9208BB18-1EBC-42F2-9589-78B4EBAF6FB9
Image Credit: LEARNLUX

従業員向け財務管理サービス「LEARNLUX」がシードラウンドで200万ドルを調達。米国では36%の人々が財務的状況から来るストレスにより仕事に支障が出ているというデータがあり、LEARNLUXはこの課題を解決するB2B2Cサービス。金融リテラシーを向上させる学習ツールも含めた個人財務管理ソリューションパッケージを提供。9月にサービスをローンチしてから10社の利用企業を獲得したという。 – LearnLux raises $2M from Sound Ventures, Marc Benioff to help employees make financial decisions

 

E9CA9D02-CB0E-444E-997A-5C5BA222FE32
Image Credit: Matchmade

インフルエンサーとゲーム会社のマッチングサービス「Matchmade」が480万ドルを調達。YouTubeに登録される300万以上のチャンネルと3億以上の動画を分析し視聴者のデータを可視化。同データをもとに最適なインフルエンサーを検索するサービスを提供する。広告依頼者は複数のインフルエンサーを1度に検索し、手軽に連絡をとることができる。平均して広告費用対効果が4倍ほどになるという。 – Matchmade raises $4.8 million for influencer game marketing

1D4A96FB-9D63-48AB-BA01-163E8C984D39
Image Credit: Roam Robotics

高性能ロボットサポーター「Roam Robotics」がシリーズAラウンドで1200万ドルを調達。現在はスキー向けのサポーターの開発/マーケティングに注力している。軽量かつ低価格、モビリティの強さが特徴。2018年クリスマスから初期予約者向けの貸し出しを開始する。今後は高齢者向けや軍隊向けに製品を開発予定。 – Roam Robotics procures $12 mln Series A

533A6F5D-36F4-4581-9435-B4BE74985BA1
Image Credit: Phiar Technologies

AI+AR、次世代カーナビゲーションを開発する「Phiar Technologies」がシードラウンドで300万ドルを調達。リアルタイムで道路情報を読み込み、運転手はアプリ上でARナビゲーションを確認しながら安全かつ最短距離を運転できる。ARグラスが普及した時代を見据えた一大AIナビゲーションプラットフォーム構築を目指す。同社は著名アクセレータ「Y Combinator」のプログラム出身企業である。 – Phiar raises $3 million for AR navigation to eliminate wrong turns

3C1B60A8-0C40-4B53-94B0-9B3C9FE1EC2A
Image Credit: Second Home

英国、会員制コワーキングスペース「Second Home」が2,000万ポンドを調達。現在1.5万人の顧客を抱え、5年以内に100倍の会員数を目指す。スペースを利用する顧客の97%が既存顧客からの紹介を通じたオーガニック獲得であり、口コミをもとにしたコミュニティー化が進んでいるという。今回調達した資金を用いてロサンゼルス進出を行う。 – UrbanClap raises $50 Mn Series D round at $500 Mn valuation

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------