SNSユーザー消費動向分析「レポハピ」がDACなどから1.3億円を調達

SHARE:

repohappy.png

SNSユーザーの効果測定事業を手掛けるレポハピは1月22日、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)、ハックベンチャーズ、三井住友海上キャピタル、三菱UFJキャピタル、りそなキャピタルを引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は1億3000万円。払込日や出資比率などの詳細は非公開。今回の資金調達で営業と開発体制を強化する。

同社が開発した「SNSレイティングデータベース」は、SNSをアクティブに利用する消費者の興味や拡散傾向と反響結果を蓄積、評価することで口コミ力を可視化する。企業は自社の情報拡散に貢献するファン層の把握と分析ができる。大手家電メーカーや飲料メーカー等複数の企業が導入している。

レポハピでは地域のSNSアクティブユーザーを可視化したデータベース「地域ファンサイト事業」を立ち上げ、2019年3月にサービスを開始する予定。手始めに「大阪 梅田エリア」でサービス開始し、その後、順次エリアを拡大していく。またSNSレイティングデータベースをクライアント企業が有する既存顧客データベースに外部接続する機能も提供を計画している。

DACとは資本提携を結び、同社が有するSNSレイティングデータの活用を模索するほか、SNSをアクティブに利用する消費者と企業の新たな関係性を構築するファンマーケティング領域において事業連携を進める。

via PR TIMES

----------[AD]----------