農業に特化した経営分析クラウド「RightARM」を開発・提供するテラスマイル、シードラウンドで7,200万円を調達——ドーガンベータなどから

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2019.2.21

九州・山口ベンチャーアワーズで、日本ベンチャーキャピタル協会副会長の中野慎三氏(右)から賞を授与される、テラスマイルの生駒祐一氏(左)
Image credit: Masaru Ikeda

宮崎や静岡に拠点を置くアグリテックスタートアップのテラスマイルは21日、シードラウンドで7,200万円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、ドーガンベータ、山口キャピタル、三井住友海上キャピタル、ちくぎん地域活性化投資事業有限責任組合(GP:昭光、LP:筑邦銀行)と、個人投資家として石井歓氏、松岡恭子氏、矢野修作氏、志賀口裕輔氏。今回の調達と合わせ、執行役員の金田千広氏、マイファームの木本一花氏は、取締役に就任する。

テラスマイルは、農業に特化した経営分析クラウド「RightARM」を開発。農業生産者がさらに稼ぐことができるデータ基盤の構築を目指し、農業経営の見える化やAI を使った出荷予測サービスを提供している。もともとは農家に対するコンサルティングサービスを提供するためのツールとして開発されたが、最近では、地域の農業生産者のコミュニティなどを通じてサービスの浸透を図っており、農家に直接使ってもらうケースが増えているという。

RightARM バージョン4 の管理画面
Image credit: Terrace Mile

2017年12月に実証を開始、2018年5月に有償サービスを開始した RightARM は、サービス開始8カ月間で約100の農業経営者・法人が加入しており、1,100ハウス、約20万件の出荷量データと国内外17メーカー計6,500万レコードのセンサーデータを保持している。宮崎県や JA 宮崎経済連とも、2018年からは RightARM を活用した営農情報の連携が進められているという。

また同日、テラスマイルは RightARM のバージョン4 をローンチ、エムスクエア・ラボ(静岡県菊川市)、マイファーム(京都市左京区)、クロスエイジ(福岡県福岡市)、こゆ財団(宮崎県児湯郡新富町)、ホットファーム株式会社(静岡県浜松市)といった各地域商社を通じて農業生産者にサービス提供されることが明らかになった。提携する地域商社は今後追加される見込みだ。

農業のデジタル化がもたらす新たな農作物流通のイメージ
Image credit: Terrace Mile

今回の調達を受けて、テラスマイルでは RightARM の組織体制の強化と、サービスメニューの拡充を行う。具体的には、パートナーセールスやエンジニアの採用と、AI による出荷予測や経営分析・シミュレーションを軸とした RightARM メニューの拡充を行う。また、今年春から想定される各地でのスマート農業加速化実証における投資評価・経営分析にも対応し、国のデータ基盤である WAGRI との連携についても進めるとしている。

テラスマイルは、2015年に RightARM の前身となる「TeraScope」や「TeraReport」で IBM BlueHub 第1期に採択。昨年には「第4回九州・山口ベンチャーアワーズ」でスタートアップ部門優秀賞を獲得している。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------