eSportsプレイヤーの仲間探し「e-mode」開発がNOW、インキュベイトファンドから資金調達

SHARE:

Crosshare.jpg

eSportsプレイヤー向けのウェブサービス「e-mode」を開発するCrosshareは3月19日、NOWおよびインキュベイトファンドを引受先とした第三者割当増資を公表している。シードラウンドで調達資金の額や出資比率などの詳細は非公開。

同社が開発中のe-modeは、eSportsとして採択されていることの多いゲームタイトルのプレイヤーがより円滑に仲間を探せるウェブサービス。プロ選手・上位ランカーや有名ストリーマーだけでなく、ライトゲーマーが気軽に使えるサービスを目指す。正式リリースは2019年4月頃を予定。今回の調達で「e-mode」の開発を進めるほか、後続サービスの設計開発を進める計画。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録