KDDIがCAMPFIREへ出資、「FinTech Fund Program」からの第1号案件ーーポイント連携などの検討も

SHARE:

campfire.png

KDDI【東証:9433】は3月7日、クラウドファンディングなどの金融事業を手がけるCAMPFIREに対して出資したことを公表した。グローバル・ブレインが運営する「KDDI Open Innovation Fund 3号(KOIF3号)」を通じてのもので、新たに追加されたプログラム「FinTech Fund Program」の1号案件となる。出資額については明らかにされていない。

CAMPFIREのプロジェクト掲載数は2万件で、流通総額は累計で105億円を突破している。事業としては主力のクラウドファンディング「CAMPFIRE」に加え、寄付型の「Good Morning」、フレンドファンディングの「polca」などを展開しており、2019年春からは融資型のクラウドファンディング「CAMPFIRE Owners」を開始予定。

p_index_02.jpg

国内のクラウドファンディング市場は新規のプロジェクト支援額ベースで1700億円規模(2017年時点)という試算(矢野経済研究所「国内クラウドファンディング市場の調査を実施 (2018年)」)もあり、過去4年で8倍の成長を遂げるなど拡大が続く。

KDDIとauフィナンシャルグループは今回の出資を通じてポイント連携等を検討する。

----------[AD]----------