データとビジュアライゼーションで企業情報を伝えるStockclip、シリーズAラウンドで個人投資家複数らから8,000万円を資金調達

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2019.4.5

Stockclip 創業者で代表取締役の野添雄介氏
Image credit: Masaru Ikeda

決算データを中心に企業情報を伝える情報配信プラットフォーム「Stockclip(ストッククリップ)」を提供する Stockclip は5日、シリーズ A ラウンドで8,000万円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、金靖征氏(Candle 創業者)、野口圭登氏(Vapes 代表取締役)、福島良典氏(グノシー創業者)、AMG(アイフル創業家の資産管理会社)と、名前非開示の個人投資家複数。この資金調達は、今年3月に実施した模様だ。

Stockclip は、一昨年に実施したエンジェルラウンドで East Ventures と TIG から2,000万円、昨年に実施したシードラウンドでマネックスベンチャーズ、スカイランドベンチャーズ、福島良典氏、伊藤将雄氏(ユーザローカル代表)、中川綾太郎氏から2,500万円を調達しており、今回ラウンドを受けて累積調達額合計は1億2,500万円に達した。

Stockclip は東京大学農学部出身で、DeNA でエンジニアをしていた野添雄介氏が2017年7月に創業。最近人気を集める書籍「ファクトフルネス」の著者 Hans Rosling 氏の動画を学生時代に見て刺激を受け、ファクトを伝えることの重要性、データの可視化に興味を持ったという。世の中の常識とファクトの間にはギャップがあり、データを可視化することで、そのギャップが一目瞭然にしたいというのが彼の考えだ。

決算情報は世の中に豊富にあるし、数値という形で世の中のことが最も顕在化されやすいと考えた。現在のところは上場会社の情報を中心に扱っているが、ギャップのあるところを埋めていくという上で、他の分野も視野に入れていきたい。(野添氏)

Stockclip
Image credit: Stockclip

決算情報を配信するメディアは少なからず存在するが、「海外企業の決算情報を含めて、サクッと読めるのが Stockclip の強み(野添氏)」だという。個人ユーザ向けメニュー1,980円/月に加え、5人以上の組織でコンテンツを共有することを想定した法人ユーザ向けメニューも3月から開始した。正確なユーザ数は公表していないものの現在は数千名規模だという。

今はまだ、一部のクラスターのアーリーアダプターから人気を集められたという段階。これを、一般のビジネスパーソンにまでどうやって広げるかが今後のテーマだ。(野添氏)

Stockclip では今回調達した資金を使って、コンテンツの質と量を追求しつつ、マーケティングに適切な投資を図りたいとしている。コンテンツは概ね社内スタッフ10名程度で製作されており、常に募集はしているが、質を担保する観点からアウトソーシングしたり、急激に人を増員したりする計画は無いという。iOS 向けにはアプリをリリース済で、今後メール配信など複数チャネルでユーザにリーチできる仕組み作りにも着手するそうだ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------