グルメアプリ「SynchroLife」、ソフトバンクロボティクスの家庭向けモデル「Pepper for Home」にサービスを提供へ

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.4.16

SynchroLife for Pepper
Image credit: Ginkan / Softbank Robotics

AI を活用したパーソナライズエンジンを搭載したグルメアプリ「SynchroLife(シンクロライフ)」を開発・運営する GINKAN は16日、ソフトバンクロボティクスが提供する「Pepper(ペッパー)」の家庭向けモデル「Pepper for Home」に、SynchroLife のロボアプリ版「SynchroLife for Pepper」の提供を開始すると発表した。AI が飲食店をレコメンドする体験を、Pepper との対話形式で受けられるようになる。

このサービスでは、Pepper が毎日1件のおすすめレストランを紹介。既存の SynchroLife モバイルアプリ( iOS および Android )とも連携し利用データが同期されるため、モバイルアプリもロボアプリも、使えば使うほど学習データが蓄積され、双方共により最適化されたレコメンドが実現される。

SynchroLife は今月初め、モバイルアプリを大幅バージョンアップし、店舗の検索機能を廃止し、レコメンドで飲食店を探せる「AI厳選」機能をリリースした。AI 厳選を使うことにより、SynchroLife では飲食店を探す行為が半自動化されたのに加え、今回リリースする SynchroLife for Pepper により、Pepper のグルメコンシェルジュ化にも貢献できるとしている。

2012年10月にローンチした SynchroLife は、2017年以降、大幅な機能改善が加えられ、飲食店のレビュー投稿に当事者の恣意的なバイアスが影響しないよう、ブロックチェーンや独自トークン「SynchroCoin」を活用したコミュニティ確立に傾倒してきた。日本語・英語・韓国語・中国語で、世界155カ国の飲食店に関する投稿に可能。現在19万件以上のレビューが掲載され、全登録ユーザーのうち約20%がレビューを投稿している。

GINKAN は、2017年9月にエンジェルラウンドで3,000万円を調達、2018年8月にシードラウンドで8,000万円を調達。2018年には Plug and Play Japan のアクセラレーションプログラム第1期のデモデイでは、FinTech 部門で聴衆からの最も多くの得票を集め「EXPO Winner」に表彰、今年3月に開催された FIBC 2019 のピッチコンペティションでは農林中金賞を受賞している。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------