スマート水田サービス「paditch」運営の笑農和(えのわ)、インキュベイトファンドから資金調達

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.4.16

左から:神谷遼多氏(インキュベイトファンド アソシエイト)、和田圭祐氏(インキュベイトファンド 代表パートナー)、下村豪徳氏(笑農和 代表取締役)、日下部竜氏(インキュベイトファンド アソシエイト)
Image credit: Incubate Fund

スマート水田サービス「paditch」を運営する笑農和(えのわ)は15日、インキュベイトファンドから資金調達したと発表した。調達金額やラウンドは明らかにされていない。

paditch gate02+
Image credit: 笑農和

笑農和は水田の水管理(入排水)に対してテクノロジーを活用、「paditch」というサービスを通じ農業のスマート化に取り組んでいる。「paditch gate02」では水温・水位を管理、水門の開閉(遠隔およびタイマー)などが可能だが、今回の調達を受けて、電源オプション(バッテリーソーラー/乾電池増設)と用水路センサーオプションを追加し、「gate02+」として公開する。

<関連記事>

笑農和は2013年2月、代表の下村豪徳(しもむら・かつのり)氏により設立。2015年からスマート水田開発に取り組み、以前の記事で紹介した「ドローン米」のプロジェクトにも〝篤農家〟として関わっている。2016年には KDDI ∞ Labo の第10期および第11期に採択。2018年に実施された Incubate Camp 11th への参加が、今回のインキュベイトファンドからの調達につながったようだ。

via 笑農和

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------