スマート水田サービス「paditch」運営の笑農和(えのわ)、インキュベイトファンドから資金調達

SHARE:
左から:神谷遼多氏(インキュベイトファンド アソシエイト)、和田圭祐氏(インキュベイトファンド 代表パートナー)、下村豪徳氏(笑農和 代表取締役)、日下部竜氏(インキュベイトファンド アソシエイト)
Image credit: Incubate Fund

スマート水田サービス「paditch」を運営する笑農和(えのわ)は15日、インキュベイトファンドから資金調達したと発表した。調達金額やラウンドは明らかにされていない。

paditch gate02+
Image credit: 笑農和

笑農和は水田の水管理(入排水)に対してテクノロジーを活用、「paditch」というサービスを通じ農業のスマート化に取り組んでいる。「paditch gate02」では水温・水位を管理、水門の開閉(遠隔およびタイマー)などが可能だが、今回の調達を受けて、電源オプション(バッテリーソーラー/乾電池増設)と用水路センサーオプションを追加し、「gate02+」として公開する。

<関連記事>

笑農和は2013年2月、代表の下村豪徳(しもむら・かつのり)氏により設立。2015年からスマート水田開発に取り組み、以前の記事で紹介した「ドローン米」のプロジェクトにも〝篤農家〟として関わっている。2016年には KDDI ∞ Labo の第10期および第11期に採択。2018年に実施された Incubate Camp 11th への参加が、今回のインキュベイトファンドからの調達につながったようだ。

via 笑農和

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録