クラウド営業支援ツール「Senses」の利用企業数が1000社を突破、メイン機能のリニューアルも

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.5.10


AI搭載のクラウド営業支援ツール「Senses」を提供するマツリカは4月25日、利用企業数が1000社を突破したことを発表した。また、さらなる利便性と営業現場の生産性向上を目指し、メイン機能である「案件ボード」をリニューアルしたことも伝えている。

Sensesは、カード形式で感覚的に案件管理ができる営業支援ツール。蓄積された情報からAIが営業の成功・失敗事例を解析して、いつ・誰に・何を・どのように行うかをアシストする。

2016年4月の提供開始から約3年間で利用企業が1000社を突破し、当初はITやソフトウェア関連企業を中心に拡大してきたが、最近では製造や教育、不動産など、導入する業界も拡大しているという。

今回リニューアルした「案件ボード」は、営業案件をカード形式で整理し、ドラッグアンドドロップで直感的に操作できるSensesのメイン機能となる。営業の生産性をより一層高めるため、操作の速度向上と入力負荷を最小にする改善を実施した。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------