人工知能が教育本丸を攻めるーーatama plusが駿台グループと提携、AI学習教材を共同展開へ

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2019.9.4

Screen Shot 0001-09-04 at 8.45.43

タブレット型AI教材「atama+」を展開するatama plusは9月4日、駿台予備学校を運営する学校法人、駿河台学園との提携を公表した。両社は駿台予備学校および駿台グループ各社に対し、新たな教材開発も含め、AI(人工知能)を活用した教材を共同展開する。

両者は2018年3月から協議を開始しており、これまでに駿台中学部、駿台高校部、東大進学塾エミールといった駿台グループ会社に対して「atama+」の提供を開始している。今回の提携はそれを拡大させるもの。

これまでの検証においては、通常学習とAI教材を併用することで模擬試験における明確な成績向上がみられた。対象となったのは高校2年生の1月模試から高校3年生の6月模試で、5カ月間の偏差値上昇がAI教材を使わなかったグループに対して平均2.89ポイント高くなっている。

また、atama+ではコーチングとティーチングを分離するという独自の手法を取っており、このコーチング箇所に対して駿台独自の学習促進ノウハウ加えることも成績向上の要因と確認できたという。

Screen Shot 0001-09-04 at 8.46.01
atama plusウェブサイトより。結果が出ることで高い評価を得ている

両者は今回の結果を踏まえて協業の枠を拡大し、2020年4月から駿台予備校の全国各校舎へ「atama+」の(英語、数学、物理、化学)教材を順次導入する。また、その翌年2021年4月を目標に、既存AI教材に加え、駿台で現在開発が進んでいる難関大学対策のAI学習教材を連携させた新たなパッケージ提供を目指す。

さらにコーチングについても連携し、従来の人によるライブ授業や進路指導と新たに開発が進むAI教材による強化学習(ティーチング)を一人ひとりに合わせたバランスで提供する個人最適化についても進めるとした。

<参考記事>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------