SoftBank Vision Fundが支援するインドの物流スタートアップDelhivery、カナダの年金基金から1億1,500万米ドルを調達

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


カナダの大手年金基金管理会社である Canada Pension Plan Investment Board(CPPIB)は、インドの物流系スタートアップ Delhivery の株式8%を1億1,500万米ドルで取得したと発表した。

Image credit: Delhivery

同社は5月、SoftBank Vision Fund がリードした投資ラウンドで4億1,300万米ドルの資金を調達。それに伴い、企業価値が16億米ドルを突破し、ユニコーン企業となった。他の支援者として Carlyle Group、Fosun International、Nexus Venture Partners、Tiger Global、Times Internet などがいる。

CPPIB の投資は、アジア企業への長期投資を模索する Fundamental Equities Asia Group を通じて行われた。取引完了後、CPPIB は Delhivery の取締役会に加わる。

声明によると、インドにおける CPPIB の株式投資額は2019年6月30日現在、約75億米ドルとなったという。

<関連記事>

Delhivery の設立者兼 CEO である Sahil Barua 氏は、「現在までの出荷数が5億件に達するので、 CPPIB からの出資は非常にタイムリーなもの」と述べた。なお、昨年は2億5,000万件の出荷を取り扱った。

また、Delihivery は過去1年間でインド国内1万7,500か所を超える郵便番号エリアでの稼働、3つの新事業の立ち上げ、そして1万件以上の仕事の創出を実現したと、Barua 氏は語った。

同社は2月、自らを e コマースのエンドツーエンドソリューションプロバイダと位置づけ、ドバイの物流会社 Aramex のインド事業を買収した

インド国内で2,000以上の都市をカバーしている Delhivery は以前、Tech in Asia に対し「南アジア地域、特にスリランカ、バングラデシュ、ネパールへの事業拡大を開始したばかり」と話していた。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------