シンガポールのGoBearが1,700万米ドルを調達、東南アジア全域で金融サービスを加速へ

SHARE:
Image credit: GoBear

シンガポールを拠点とするフィンテックスタートアップ GoBear は、プレスリリースでオランダのベンチャーキャピタル Walvis Participaties とオランダの資産運用会社 Aegon N.V. から1,700万米ドルを調達したことを明らかにした。

今回調達した資金は、オンライン金融スーパーマーケット、デジタル保険仲介、デジタルレンディングという、オルタナティブデータの強固な基盤の上に構築された3つの成長の柱において、継続的な事業拡大のために活用される。

レンディングプラットフォーム「AsiaKredit」の買収に続き、同社はアジアの他の市場への進出も計画している。現在、香港、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの7つのアジア市場で事業を展開している。

今回の資金調達は、投資家の方々が当社の成長の可能性を引き続き認識していて、アジアが必要とする強固な金融サービスプラットフォームの構築に向けて軌道に乗っていることを証明するものだ。

オルタナティブデータの強固な基盤の上に構築された当社は、リスクをより良く評価し、価格を決定し、より良い商品を共同開発し、最終的には金融包摂(financial inclusion)を向上させることができる。(CEO Adrrian Chng 氏)

Chng 氏によれば、GoBear のデジタル保険仲介セグメントは、過去3ヶ月間で平均注文額が52%増加したという。同社はまた、ローン商品からの収益が前年比50%増を記録したと付け加えた。

2015年に設立された GoBear は当初、金融サービスへの移行前は金融メタサーチエンジンとしての役割を担っていた。現在は銀行や保険会社など100社以上のパートナーを持ち、5,500万人以上に利用されている。

昨年、GoBear は AegonWalvis Participaties から8,000万米ドルを調達した。それ以来、同社の収益は消費者金融製品から100%以上増加したと主張している。今回の調達は、GoBear にとって5回目の資金調達となる。

先月はアジアのフィンテックスタートアップが投資家の注目を集め続けていた。4月には、(新型コロナウイルス感染拡大に伴う)世界的な健康危機による市場の不確実性にもかかわらず、Investree、Modalku、KoinWorks などのフィンテックスタートアップがレイターステージで資金調達を実施した

<関連記事>

【via e27】 @e27co

【原文】

----------[AD]----------