配送各社に処罰、Trip.com(携程)が香港で二次上場へ、TikTok本国版のECがスタートなど——中国テックシーン・アップデート

SHARE:
Image credit: TechNode/Emma Lee

規制当局は Alibaba(阿里巴巴)に記録的な罰金を科したが、一方、上海に拠点を置く英語のフードデリバリサービス「Sherpa’s」にはニッチ市場を独占したとして罰金を科した。当局は、荷物配送サービス会社 Baishi Express(百世快递)と J&T Express(極兔速递)を価格ダンピングで処罰。Trip.com(携程)が香港でのセカンダリ上場を申請。MissFreshは、アメリカでの6月の上場に向けて準備を進めている。

プラットフォームからの強制的な排他

  • 中国の独占禁止法の最高機関である国家市場規制総局(SAMR)は10日、EC 大手の Alibaba に対し、プラットフォームが加盟店に1社のプラットフォームやサービスのみの利用を強要する「強制的な独占権」を理由に182億人民元(約3,040億円)の罰金を科した。この違約金は、同グループの2019年の売上高の4%に相当する。動点科技
  • Alibaba 会長の Daniel Zhang(張勇)氏は12日の会見で、強制的な排他的慣行を終わらせることを約束した。また、加盟店のトレーニングやバックエンドワークステーションの開発への投資など、加盟店のコストを下げるために数十億(訳注:通貨単位不明)を投じると述べた。 Alibaba Group(阿里巴巴集団)の香港市場での株価は12日の朝に8%上昇した。動点科技
  • また、規制当局は12日、上海に拠点を置くフードデリバリアプリ「Sherpa’s」に対する120万人民元(約2,000万円)の罰金を発表した。上海市市場規制管理局(SMAMR)は、同社が独立した英語のフードデリバリ市場を支配しており、業界のリーダーである Meituan(美団)や Ele.me(餓了麼) と競合していないと結論付けた。動点科技

物流各社の不手際

  • 義烏郵政管理局は、浙江省東部の重要な連携拠点である義烏市において、価格ダンピングを行っていた配送サービス Baishi Express(百世快递)と J&T Express(極兔速递)を取り締まり、7日に物流センターを一部閉鎖させた。この措置は、4月6日に両社が4回にわたって警告を受け、業界標準である1注文あたり1.4人民元(約23円)を超えて、人為的に価格を下げることをやめるよう求められたのを受けたものだ。同局は Baishi Express と J&T Express に対し、9日までに問題を解決するよう求めた。21世紀経済報道
  • Pinduoduo(拼多多)は12日に声明を発表し、同社は J&T Express と特別な協力関係や投資関係にないことを明らかにした。Pinduoduo によると、J&T の従業員は、新規顧客を確保獲得する過程で、J&T Express を利用して Pinduoduo の注文を処理すれば、ブラッシング詐欺(不正に入手したアカウント先に勝手に商品を送り付ける詐欺の手法。レビューの得点を不正に吊り上げ、売上をあげるのが目的。)による偽装注文の手数料が免除されると加盟店に伝えていたという。EC 大手の Pinduoduo は、春節期間中の J&T Express とのこれまでの協力関係は2月22日に終了したと付け加えた。新浪
  • 中国の配送・物流大手の SF Holdings(順豊控股)の株価は、12日には2日連続で深圳証券取引所の制限値を下回り、時価総額から合計700億人民元(約1兆1,670億円)が失われた。SF Holdings は15日、2017年の上場以来初めて、人件費の増加と新規事業開発により第1四半期の赤字を見込んでいると警告した。創業者の Wang Wei(王衛)氏は、拡大のために「やみくもに現金を燃やす」ことはしないと述べ、今期は損失を出さないことを約束している。第一財経

資金調達と IPO

  • Baidu(百度)が支援する旅行予約サイト Trip.com(携程)は、香港での二次上場で14億米ドルの資金調達を目指している。同社は13日、一次上場先 NASDAQ での終値38.81ドルに11%のプレミアムを加えた42.95ドルで株式の販売を開始した。4月13日に終了したこの販売は、レジャー旅行市場の回復が遅れていることを受けたものだ。南華早報
  • 中国の食料品電子商取引プラットフォームで MissFresh(毎日優鮮)は、今週初めに米国証券取引委員会(SEC)に目論見書を提出し、5億米ドル以上の時価総額を目標としている。MissFresh は3月26日、中国の主要16都市で食料品の宅配サービスを展開するほか、地域のスーパーマーケットや野菜市場、小規模店舗を支援するコミュニティリテールのデジタルプラットフォームを構築すると発表した。PanDaily
  • スマートリテールサービスを提供する Suning.com(蘇寧易購)の子会社である Suning Retail Cloud(蘇寧零售雲)は、12日にシリーズ A ラウンドの資金調達を完了したことを発表した。下級都市や県レベルの市場に集中している Suning Retail Cloud は、フランチャイズモデルを用いて、Suning.com の物流、倉庫、サプライチェーン、SaaS の機能を地方の中小零細企業に提供している。2020年には3,200以上の Retail Cloud のフランチャイズ店舗がオープンし、2021年には600店舗が追加されている。蘇寧雲商
  • オンライン不動産の垂直統合型企業 Anjuke(安居客)は、15日に香港での上場を申請し、BofA Securities、Credit Suisse、CICC(中国国際金融)が共同スポンサーとなった。Tencent が支援する同社は、3月に Country Garden(碧桂園)関連会社 Beam Merit Limited がリードした2億5,000万米ドルの資金調達ラウンドを完了している。Deal Street Asia

中古品プラットフォーム「Xianyu(閑魚)」の召喚

北京市住宅・都市農村発展委員会は10日、中古品マーケットプレイス「Xianyu(閑魚)」の調査を終了したと発表した。 Alibaba 傘下の EC プラットフォームである Xianyu は、違法な不動産物件や情報を掲載し、無免許のブローカーにサイトを使用させていたとして召喚された。毎日経済新聞

TikTok本国版、ECプラットフォーム「抖音電商」を開設

  • Douyin e-commerce(抖音電商)社長の Kang Zeyu(康沢宇)氏は、15日に行われたイベントで、第三者の計算によると2023年までに総取扱高が9.5兆人民元(約158.4兆円)を超えると推定されており、「興味のある e コマース」は貴重な機会であると述べた。エンターテインメントアプリのコンテンツドリブン e コマースへの移行は、コンテンツを利用してユーザの関心事や購入可能なものを理解するというトレンドに沿ったものだ。抖音電商

【via TechNode】 @technodechina

【原文】