インフルエンサーマーケティングのBitStar、ファッションD2Cブランド2社を買収

SHARE:
BitStar 代表取締役社長 CEO の渡邉拓氏(右)と、Fun/JOINT LABEL 代表取締役社長の金沢吉治氏(左)
Image credit: BitStar

インフルエンサー支援プラットフォーム「BitStar(ビットスター)」などを展開する BitStar は5日、ファッション D2C ブランド「FASHIRU」(ファシル)「JISTORY」(ジストーリー)を展開する Fun と、「stk.」(エスティーケー)を展開する JOINT LABEL の2社を株式譲渡契約により買収し、子会社化したことを明らかにした。この買収により BitStar はファッション D2C 事業に参入する

インフルエンサーによるマネタイズ手段は多様化しており、BitStar でも「ヒト」を起点にしたファングッズや D2C ブランドの構築を支援してきた。しかし、この分野は競争が激化していて、「ヒト」起点の D2C は「ヒト」に依存しているがゆえに事業的にコントロールしづらい側面もあると、BitStar 代表取締役社長 CEO の渡邉拓氏は BRIDGE に語った。また、「ヒト」起点の D2C の場合、競争の結果として似たようなものが増え、差別化が難しくなっている現状もあるだろう。

「モノ」起点の D2C だと成長までには時間がかかるが、ブランドにファンが紐つけば事業的にコントロールが効きやすい。また、「モノ」起点の D2C からは真のノウハウが得られ、それをインフルエンサーにフィードバックすることで、インフルエンサー D2C の底上げにもなる。

D2C ブランド「FASHRU」が Instagram などをチャネルに急速に伸びていて、コーディネートのセンスや顧客対応も含めて素晴らしい Fun や JOINT LABEL と買収の合意に至った。 インフルエンサーのファングッズの延長線上に留まり、ブランドにならないまま終わっているものが多い中、「モノ」起点でストーリーを踏まえた D2C をしっかりと作っていきたい。(渡邉氏)

Image credit: BitStar

Fun 主力ブランドの「FASHIRU」は、20代30代の女性を対象にコーディネート提案を併せて行うことで、Instagramのフォロワー数は13万人超にまで成長。また、姉妹ブランドの「JISTORY」では主に鞄や靴などのアイテム、新規ブランドの「stk.」では30代女性向けのファッションブランドを展開している。

BitStar は最近、事業の多角化への注力が目立つ。先月には、丸井グループ(東証:8252)と共同で、ポップアップショップとイベントステージが併設されたスペース「2B CONTINUED」(トゥービー コンティニュード)を「渋谷MODI」内にオープンした。敷地内には、ショップスペースとイベントステージが併設され、ショップスペースでは、グッズの販売などができるポップアップショップやパネル展、衣装展など、イベントスペースでは、トークイベントやファンミーティング、ライブコマースの配信イベントなどを開催できる。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録