10月に日本上陸したマイレージアプリ「Miles」、開始から4週間で100万DLを突破

SHARE:

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」掲載された記事からの転載

21年6月のKDDI ∞ Labo月次全体会に登壇したMiles Japan は、10月20日11時にサービスを開始したマイレージアプリ「Miles(マイルズ)」の日本におけるダウンロード数が100万人を突破したと明らかにした。Miles は、毎日の通勤や通学や散歩など、すべての移動で自動的にマイルが貯まるアプリ。飛行機、徒歩や自転車、車や公共交通機関でも、アプリを立ち上げずに貯めることができる。ユーザの移動手段をAIが自動的に判別して、より環境に優しい移動にはボーナスマイルがつき、商品やサービスの特典やギフトカードなどへ交換することができる。

日本では、鉄道会社、航空会社、フィットネスジム、損害保険会社などと提携。ユーザに対して、利用の頻度や距離に応じて、さまざまな特典を提供している。アメリカでは2018年7月にβローンチしており(正式ローンチは2019年)、これまでに120万人以上がアプリをダウンロード・登録している。日本ではサービス開始から1ヶ月を待たずに100万人を達成しており、本国を抜きそうなハイペースの成長を見せている。

「Miles」サービスイメージ

ポイントを貯めることが盛んな日本において、Milesがそれなりに受け入れられるのでは、と仮説は持っていましたが、まさかローンチ一ヶ月以内に100万ダウンロードを突破するとは思っていませんでした。本当に光栄なことです。ユーザーからは、日々の移動が可視化されることと、その移動を通じてマイルを貯めることがゲームみたいで楽しい、というフィードバックをいただいています。今後のMilesの進化をお楽しみに!(Miles Japan 代表取締役 髙橋正巳氏)

Miles Japan は、Scrum Ventures が運営するインキュベーション事業特化子会社スクラムスタジオの海外スタートアップ日本進出支援第一弾として立ち上げられた。Uber Japan 社長として Uber Eats の立ち上げ、WeWork Japan では日本事業の立ち上げ・拡大に従事した髙橋氏が、スクラムスタジオおよび Miles Japan の代表取締役を務めている。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録