米ゲーム小売大手GameStop、NFTマーケットプレイスと最大1億米ドルのファンド創設へ——ガス代ゼロ・脱炭素な取引を実現

SHARE:
GameStop が Immutable X と提携
Image Credit: GameStop

GameStop(NY証取:GME)は Immutable X と提携し、今年後半に NFT(非代替トークン)のマーケットプレイスを立ち上げる予定だ。また、Immutable と GameStop は、Immutable X と NFT マーケットプレイスを構築するゲーム開発者やスタジオに助成金を提供する、専用の最大1億米ドルのファンドを創設する。

これは、NFT は欺瞞的であるとか、現金を奪うものだとソーシャルメディア上で(控えめに言っても)不快感を示しているハードコアゲーマーや一部のゲーム開発者を怒らせる危険性がある。NFT を好まない筋金入りのゲーマーが多いため、GameStop の顧客がどう反応するかは不明だが、多くの GameStonk 投資家(ミームの力で GameStop の株価を100米ドルをはるかに超えるところまで押し上げた)は、所有権に関する過激な新理論を受け入れているのだ。

GameStop は NFT マーケットプレイスを動かすために、Immutable X プラットフォームを構築したオーストラリア・シドニーのImmutable の流動性プラットフォームを利用する予定だ。

GameStop は、Immutable X プロトコルをベースに構築することで、ゲーム開発者に特化した NFT プロジェクトを立ち上げるために構築されている GameStop の NFT マーケットプレイスにおいて、より高速で安価、カーボンニュートラル、ほぼ無限の取引を可能にすると述べている。

助成金の申請は、こちらのサイトから。Immutable X は、ブロックチェーンの透明で安全なデジタル台帳上の取引にセキュリティを提供する Ethereum プロトコル上のレイヤーとして位置づけられる。

Immutable X により、ゲーム開発者は、カーボンニュートラルな環境で NFT を取引・鋳造するための高い取引レートとガス料金、つまりコンピューティング使用に関するコストをゼロにすることができるようになる。

ブロックチェーンのゲームや NFT が消費者に優しくない理由のひとつは、取引に大きなガス代がかかるからだ。ガスとは、ブロックチェーンに取引処理を促すために必要な手数料のことだ。もし、50〜500米ドルの取引手数料を支払わなければならないとしたら、5米ドルの NFT 購入を行う意味がなくなってしまうのだ。

Immutable X は、日本から新ゲームを4つ獲得する。

GameStop は、これまで開発者は、法外なガス代のために、プレイヤーが本当に所有できるゲーム内アイテムの作成に挑戦してきたと主張している。GameStop は Immutable X を構築することで、高い手数料を払うことなく、Ethereum の支配的でオープンな NFT のエコシステムを利用しようとしているのだ。

Immutable の 共同創業者 Robbie Ferguson 氏は声明で次のように述べている。

Immutable は、GameStop や大手ゲームパブリッシャーと協力して、プレイヤーへの真のパワーをサポートできることに興奮している。しかし、ゲーマーが投資した時間や価値は、実際の経済的価値に変えることができない。GameStop は、Immutable との提携により、ゲームの次のパラダイムを実現する究極の場所としての地位を確立する可能性を秘めている。すなわち、ゲーム内アイテムの無許可所有とプレイヤーの時間に対する価値を可能にする真のゲーム内経済だ。

GameStop の NFT マーケットプレイスは、5,000万人を超えるユーザとそこに参入するすべての開発者に、非常に強力なコミュニティの力をもたらす。そして、当社の技術により、100%カーボンニュートラルでありながら、より速く、より簡単に、より手頃な価格でそれを実現することができる。

Immutable X を採用した GameStop NFT マーケットプレイスは、開発者がゲーム内の資産(デジタル不動産、剣、スキンなど)を売買できる、カーボンニュートラルなゲーム内経済を創出する大きな機会を創出する。

Immutable X は、StarkWare のゼロ知識証明技術(編注:暗号理論における情報伝達手法の一つで、相手に秘密情報そのものを知らせないまま、自分が秘密情報を知っていることを相手に知らせる方法)「StarkEx」を使用して構築されており、何十万もの取引を1つの Ethereum 取引にまとめ、GameStop がユーザのデジタル資産を直接 Ethereum 上で保護できるように位置付けている。また、カーボンフットプリントは、気候変動に配慮した認定パートナーである Trace と Cool Effect によって相殺されると両社は発表している。

Immutable X の既存のパートナーには、Gods Unchained(ブロックチェーン上でプレイヤー数トップ3に入るゲーム)、Guild of Guardians(ブロックチェーン・モバイル RPG)、Ember Sword、Playco、TikTok、Planet Quest、ESL Gaming、GreenPark Sports、Illuvium などがある。

Ferguso 氏に、ハードコアゲーマーによる NFT への抵抗についてどう思うか聞いてみた。彼は、電子メールで次のように回答を寄せた。

一番良いのは、NFT の誇大広告ではなく、その利点を取り入れた、真にプレーヤーファーストのゲーム体験を作ることだ。最も重要なのは、ゲームが良質であることだ。つまり、「遊んで稼ぐ(Play-to-Earn)」であって、「遊んで稼ぐ」ではない。トレーディングカードゲーム「Gods Unchained」では、最初の3年間は NFT という言葉を使わなかった。プレイヤーは、マジック・ザ・ギャザリングやポケモンカードのように、自分のカードコレクションを売ったり交換したりできるようになった、というメリットだけを伝えた。NFT と言わなくても素晴らしい体験ができるようになるまで、我々はまだそこに到達していないのだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録