音楽著作権売買プラットフォーム「Musicow」がPEから100億円調達など——韓国スタートアップシーン週間振り返り(4月25日~4月29日)

SHARE:

本稿は、韓国のスタートアップメディア「Startup Recipe(스타트업 레시피)」の発表する週刊ニュースを元に、韓国のスタートアップシーンの動向や資金調達のトレンドを振り返ります。

Copyright 2022 © Media Recipe. All Rights Reserved.


4月25日~4月29日に公開された韓国スタートアップの調達のうち、調達金額を開示したのは15件で、資金総額は3,376億ウォン(約338億円)に達した。

(クリックして拡大)

主なスタートアップ投資

  • 音楽著作権分割投資 Musicow(뮤직카우)が、 PEF(プライベートエクイティファンド)から1,000億ウォン(約100億円)を調達した。調達した資金は、資本市場法などの新制度編入による事業再編と専門家の獲得に活用する。
  • 宿泊予約サービス GC Company(여기어때컴퍼니)が、500億ウォン(約50億円)を調達しユニコーンになった。時価総額は1兆2,000億ウォン(1,200億円)と確認した。過去5年間で売上は年平均53%成長、昨年営業利益は155億ウォン(約16億円)で3年連続黒字達成した。最近、レンタカー予約とスペースレンタルサービスを開始、今後、海外旅行サービスを開始する予定。
  • 幼児ケアサービス Jaranda(자란다)が310億ウォン(約31億円)を調達し、累積調達額が448億ウォン(約45億円)に達した。昨年は前年比3倍の売上成長を記録し、累積売上額は100億ウォン(約10億円)を突破した。2022年中に全国へのサービス拡張を完了し、コマース、コンテンツをカバーするキッズスーパーアプリとなることを目指す。
  • 教育企業 I Hate Flying Bugs(아이헤이트플라잉버그스)が300億ウォン(約30億円)を調達した。同社は英語と数学のクラス「Mildang(밀당)」小麦の英語と密糖数学を運営し、学習行動をデータとして蓄積し、カスタマイズされたカリキュラムを提供。非対面教師を通じ、感情面からのケアも管理。
  • 自動運転ロボットによる配達プラットフォーム「Neubility(뉴빌리티)」が230億ウォン(約23億円)を調達した。ロボットスタートアップとしては、大規模な資金調達と評価されている。都心向けの自動運転ロボット「Newbie(뉴비)」の商品性を強化し、新たに近距離ロボット配信プラットフォーム「Neubiego(뉴비고)」で、韓国初の屋外ロボット配達サービスを正式ローンチする予定。
  • Kodebox(코드박스)が200億ウォン(20億円)を調達した。株主名簿とストックオプションを管理し、株主総会や理事会業務などを便利に処理できるサービスを提供している。3,500社以上が使用中で、投資組合市場に進出っする予定。
  • NearthLab(니어스랩)が200億ウォン(20億円)を調達した。自動運転ドローンを活用して産業施設安全点検ソリューション提供、シーメンスや GE などと契約締結した。調達した資金を使って、海外市場攻略し、IPO を準備する作業に着手した。

トレンド分析

投資鈍化が始まったグローバル市場、韓国の国内スタートアップ投資は?

グローバルスタートアップへの投資が減速し始めた。新型コロナ感染拡大でも揺らぐことなく成長した投資エコシステムで、変化が感じられている。PitchBook のデータによると、第1四半期のアメリカにおけるベンチャー投資は707億米ドルで、前の四半期の954億米ドルを下回り、前年同期の770億米ドルを下回った。CB Insights のデータでも、世界中の第1四半期 VC 調達が前四半期比で19%減少したことが分かった。

これにより、企業は IPO を再考し始め、投資家は投資規模を再調整している。特にレイターステージの投資を減らしているそうだ。このような鈍化した流れは、金融市場環境の混乱を招き、ベンチャー投資領域である民間市場に影響を及ぼすと予想される。ここに金利上昇、インフレなどの懸念要因が複合的に作用し、ベンチャー投資の流れに影響を与えるだろうという分析だ。VC は2022年に入って新規投資を減らしており、特にレイターステージの VC 活動は著しく減少したとされる。株式市場の悪化がレイターステージの投資に影響を与え始め、それがシリーズ A やシードにまでつながる効果は、ほどなく目に見えるものとなるだろう。

指標であるデータですでに変化が検出されているため、現実はそれほど良くないという話もある。もちろん、ベンチャー投資の成果が2021年以前よりはるかに高いことが事実であり、このような懸念にもかかわらず、2022年は2021年に続き2番目に成果の良い年になると予想されており、依然としてシード投資と Web3 分野には投資資金が投入され続けている。

グローバルな状況に応じて、韓国国内のベンチャー市場はどのように変化するだろうか。Startup Recipe のデータで見ると、韓国スタートアップの第1四半期の調達金額合計は3兆4900億ウォン以上(約3,490億円以上)を記録し、歴代最大額となった。昨年の同四半期と比べても2倍以上の資金が集まったわけだ。また最近、韓国中小ベンチャー企業部(スタートアップを担当する政府省庁)が発表した第1四半期のファンド組成額も、歴代で初めて2兆ウォン(2,000億円)を超え、投資熱気は続いているようだ。

ただし、韓国でも毎月調達される資金とと投資件数は1月から下落傾向を見せている。3月には調達金額が1兆ウォン(約1,000億円)以下に落ちた。シード投資と1,000億ウォン(約100億円)以上の取引は増加したが、100億ウォン(約10億円)以上の投資を受けた企業は減少し、特に400~1000億ウォン(約40億円~約100億円)を調達した企業の数は確実に減少した。つまり、アーリーとレイターステージの企業に集中する現象が顕著になっている。さらに、Startup Recipe の投資データによれば、4月にも大きな成長曲線は期待することは難しいと予想される。

もちろん昨年、歴代で最も多くファンドが組成されたことを考えると、その資金がいずれかのタイミングでスタートアップに注がれるだろう。しかし、国内外の脅威要因によって、韓国の投資家らも投資速度を遅らせ、企業価値を昨年ほど高く評価しなくなる可能性は高い。国内ベンチャーキャピタルも、2022年の投資見通しを通じて、スタートアップ企業価値への評価については、2021年のような期待はするべきでないと助言している。

グローバル VC はスタートアップにキャッシュの消耗に注意するよう助言している。パンデミックが始まった2年前と同様に、危機状況に備えられる十分なキャッシュを保有するよう説いている。また、創業者には、できるだけ早く資金調達を終えることも助言している。このような現象が一時的なものなのか、長期的なものなのかについての判断は確実にはできないが、データや市場の雰囲気で見て、保守的な投資につながりかねないことを考慮し、投資・資金調達の戦略を立てることが必要があると思われる。

【via StartupRecipe】 @startuprecipe2

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録