人がレジに並ぶ時間を33年分も節約——シリコンバレー発の超高速セルフレジ「Mashgin」の威力(後編)

SHARE:

前編からの続き)

ファンから愛されるテクノロジー

Mashgin は、スタジアム、アリーナ、イベント会場約30ヶ所で、未開拓の売店収入の増加やファン体験の向上に貢献していることが特筆される。その中には、ニューヨークの Madison Square Garden や Citi Field、カンザスシティの Arrowhead Stadium、サンノゼの SAP Center、Ford Field(Detroit Lionsのホーム)、M&T Bank Stadium(Baltimore Ravens のホーム)、U.S. Bank Stadium(Minnesota Vikings のホーム)などが含まれる。

さらに最近、NHL Anaheim Ducks の本拠地であり、年間約130件のイベントを開催するアナハイムの Honda Center も追加した。

新型コロナウイルス感染拡大後にファンを Honda Center に戻すにあたり、経営陣は人手不足がゲストの体験に悪影響を与えることを認識していたと、飲食財務・ビジネスインサイト担当バイスプレジデント Angela Leu 氏は説明している。この問題に対処するため、Mashgin のキオスクが2台、不採算だったテイクアウト用店舗に設置された。

このキオスクはファンの間で好評だった。行列は短くなり、取引時間も短くなった。(Leu 氏)

その便利さと待ち時間の短さを知って、多くのイベント参加者がイベント中に何度もその場所に戻ってきた。予想外の驚きだったのは、2021年10月のこの場所での売上だけで、2019年シーズン全体の売上を上回ったことだと Leu 氏は言う。

Honda Center はさらに数台の Mashgin を発注し、建物内の追加の場所を再構成して配置しているところだ。

Honda Center のテクノロジー担当バイスプレジデント Jackie Slope 氏は、Mashgin のテクノロジーの「スピード、正確さ、セットアップの容易さ」を高く評価している。Honda Center の技術スタックへの設置と連携により、この会場では「優れたテクノロジーを使ってファン体験を向上させる最前線に立ち続けることができた」と、彼女は述べている。

存在意義は、製品ではなく(解決する)課題によって決まる

Mashgin は2016年に発売され、6カ月かけてプロトタイプモデルを安定させた。Srivastava 氏はこのプロセスを、「1台のマシンを1カ所に6カ月間置き、毎日誰かがそれを子守していた」と表現している。

しばらくは、自分たちがやってきたことができるかどうかもわからない状態だった。(Srivastava 氏)

2019年には、10数カ所の拠点を持つようになった。翌年の新型コロナウイルス感染拡大のさなかには、「一瞬で黒字になり、売上が400%増えた(Srivastava 氏)」という。2022年の Edison Awards で金賞を受賞したMashgin は、5月にシリーズ B ラウンドで6,250万米ドルを調達し、ユニコーンの地位を獲得した。同社の時価総額は15億米ドルで、現在はチームを増強し、国際的な規模を拡大している。

現在、新しい拠点はわずか15分で立ち上げることができると Srivastava 氏は言う。そのためには、かなりの試行錯誤が必要であり、同時に消費者心理に関する興味深い洞察が得られるという。

例えば、現金決済。アメリカでは、コンビニエンスストアで40〜50%の消費者が現金を使っていることに驚いたという。当初、Mashgin のシステムは現金での支払いをサポートしていなかったが、その機能を搭載したところ、利用率が飛躍的に向上した。あるケースでは、店舗での取引の90%を扱うようになったと Srivastava 氏は言う。

銀行口座を持たない人は少なくなく、彼らにとって、現金は経済活動において唯一の取引手段なのだ。(Srivastava 氏)

消費者の経済状態にかかわらず、消費者が導入することに加え、店舗スタッフの賛同を得ることも重要であると強調した。そして、このことは何よりも重要なことだと彼は言う。コンビニエンスストアや食料品店の従業員の中には、キオスクを気に入り、Marty、Maria、Marcia などと名前を付けている人もいる。

スタッフの皆さんには、Mashgin を自分達にフレンドリーだと感じてもらいたい。そして、ツールのように感じてもらいたい。(Srivastava 氏)

しかし、最終的には、「我々の存在意義は、製品ではなく(解決する)課題によって決まる」と Srivastava 氏は強調した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録