BRIDGE

タグ Paktor

「Paktor」や「17 Live(17直播)」の親会社M17 Entertainment、調達目標額に達せず——NY証取でのIPOを延期

SHARE:

TechCrunch によると、台湾のライブストリーミングアプリ「17 Live(17直播)」を傘下に有する M17 Entertainment は、1億1,500万米ドルの調達目標を逃し、ニューヨーク証券取引所で予定された IPO を遅延することが明らかになった この遅延は DealStreetAsia が M17 のスポークスパーソンからの情報として独自に確認したものだが、同社は株式公開を前に…

Jingshen Ng(黄景深)氏
Image credit: Paktor

TechCrunch によると、台湾のライブストリーミングアプリ「17 Live(17直播)」を傘下に有する M17 Entertainment は、1億1,500万米ドルの調達目標を逃し、ニューヨーク証券取引所で予定された IPO を遅延することが明らかになった

この遅延は DealStreetAsia が M17 のスポークスパーソンからの情報として独自に確認したものだが、同社は株式公開を前に全ての企業に求められる30日間のクワイエット・ピリオド(訳注:IR 制限期間)の状態にあり、M17 はそれ以上について言及できないとしている。 M17 の株式は8米ドルの値がつき6,010万米ドルを調達したため、IPO 調達目標額の半分をやや上回った状態だ。

先月の IPO 発表は、東南アジアのスタートアップ経済にとって、大きな勝利となった。Paktor は台湾の会社に保有されているが、シンガポールで設立され、何もないところから株式公開のイグジットにまで育った東南アジア発スタートアップの代表格だ。

IPO で調達した資金は日本への進出に加え、社内におけるライブストリーミング・パーソナリティの養成拡大に使われるとしていた。同社は、多くの赤字を出しながら運営されている小規模企業であるため、大きな興奮をもたらすために苦戦を強いられたのかもしれない。

M17 には月間70万人のアクティブユーザがいて、傘下のデイティングアプリ Paktor には3つのブランドを通じて1,460万人のユーザがいる。M17 の昨年の売上は3,790万米ドルだったが、損失は2,690万ドルだった。IPO 目論見書の中で、M17 は自社の強みとして、アジア先進国においてトップの座にあるライブストリーミングアプリの現在の状態を挙げているが、直面する問題として新ユーザとパーソナリティの確保への苦戦についても指摘している。

東南アジアで Paktor のブランドは有名だが、目論見書では Paktor のことを一瞥し、明らかにライブストリーミングサービス 17 Live に対して述べられている。M17 Entertainment は傘下に、デイティングサービスとライブストリーミングサービスに大別して11の企業を有している。Paktor の CEO であり共同創業者の Joseph Phua (潘杰賢)氏は、合併後 M17 の グループ CEO に就任した。

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

Paktorと17 Mediaの合併法人M17 Entertainment、IVPのリードで4,000万米ドルを調達しKKBOXと提携

SHARE:

シンガポールを拠点とする出会い系プラットフォーム Paktor と台湾のビデオストリーミングプラットフォーム 17 Media(17直播)との合併法人である M17 Entertainment が、シリーズ A ラウンドで4,000万米ドルを調達した。 このラウンドは日本の VC であるインフィニティ・ベンチャー・パートナーズ(IVP)がリードした。その他の出資者は、Vertex、日本のヤフー、M…

Image Credit: M17 Entertainment

シンガポールを拠点とする出会い系プラットフォーム Paktor と台湾のビデオストリーミングプラットフォーム 17 Media(17直播)との合併法人である M17 Entertainment が、シリーズ A ラウンドで4,000万米ドルを調達した。

このラウンドは日本の VC であるインフィニティ・ベンチャー・パートナーズ(IVP)がリードした。その他の出資者は、Vertex、日本のヤフー、Majuven、Golden Summit Capital、韓国 VC の KTB Ventures など。

M17 Entertainment は今回獲得した資金の一部を日本、インドネシア、香港での事業拡大に活用する予定。しかしながら、中国市場は完全に除外した。

同社はまた、ライブストリーマー、ミュージシャン、著名人など有望なコンテンツクリエイターを対象とした専門的トレーニングとスカウトのためのチームを開設予定だ。

さらに、音楽、解説番組、バラエティ番組、リアリティ番組など独自のコンテンツの制作も増やす計画だ。その戦略の一環として、M17は台湾に拠点を置く音楽ストリーミングサービス KKBOX と提携し、コンテンツ制作への取り組みを加速させる。

<関連記事>

M17 Entertainment の共同設立者で CEO の Joseph Phua(潘杰賢)氏は、公式プレスリリースで次のように述べた。

アジア最大の音楽プラットフォーム KKBOX と協力し、音楽とインスタントメッセージを結びつけるだけでなく、熱意ある音楽クリエイターにより多くの発表機会を提供したいと考えています。

KKBOX 設立者の Chris Lin(林冠群)氏はこう付け加える。

KKBOX グループの KKFARM と KKTV は、M17 Entertainment と共同で独創的なコンテンツクリエイターに出資し、そのコンテンツを KKBOX のメディアチャンネルで放送する計画です。また、才能あるミュージシャンが自分の音楽を披露して歌手としての夢を叶える機会を多く持てるよう、音楽制作の現場もサポートしていきます。

Paktor は昨年末に17 Media の株式を大量取得し、4ヶ月後となる今年4月、同社との合併に踏み切った。M17の目標はインタラクティブなマルチメディアプラットフォームになることだ。

現在同社は、シンガポール、マレーシア、韓国、台湾、香港、インドネシアにオフィスを構えており、総社員数は300名である。

【via e27】 @e27co

【原文】

----------[AD]----------

アメリカ発の赤裸々出会い系アプリ「Down」を「Paktor」が買収

SHARE:

TechCrunch が金曜日(1月20日)に伝えたところによると、シンガポール発の出会い系アプリ Paktor は、サンフランシスコに拠点を置くDownを買収した。Down はセックスをセールスポイントとして前面に押し出した出会い系アプリの企業だ。 今回の取引は「数百万米ドル」規模とされており、投資家にとっては大当たりだったと見られている。というのも、Down はトータルで100万米ドルの資金し…

TechCrunch が金曜日(1月20日)に伝えたところによると、シンガポール発の出会い系アプリ Paktor は、サンフランシスコに拠点を置くDownを買収した。Down はセックスをセールスポイントとして前面に押し出した出会い系アプリの企業だ。

今回の取引は「数百万米ドル」規模とされており、投資家にとっては大当たりだったと見られている。というのも、Down はトータルで100万米ドルの資金しか調達していなかったからだ。投資家は Great Oaks Venture Capital と Tim Draper 氏だ。

記事によると、Down(およびその姉妹アプリ Sweet)は運営を継続し、同社の CEO である Colin Hodge 氏は Paktor Labs のトップとして Paktor に参画する。Paktor Labs は新しいアイデアの開発や他企業の買収を管轄する部署だ。

Down は当初「Bang With Friend(「友達とヤろう」の意味)」という名称で登場し、すぐに賛否両論を巻き起こした。後背位でセックスをする男女の図がロゴとなっており、そのカジュアルな肉体関係に対する露骨な表現に多くの人々は抵抗を感じたようだ。

このアプリの発想としては、まず友達の輪を構築し、性的な衝動に駆られた際にセックスを求める、というものだった。

最終的に同社は、友達の友達までネットワークを広げることで、マッチングの幅を広げ、友達や知り合いに対して夜の誘いをする気まずさを解消した。

2013年にローンチした Bang With Friends は、多くの出会い系アプリが少なくとも表面上では売りにしている「真の愛」を否定し、出会い系アプリを利用する多くの人が持つ本当の動機、つまりセックスに正直になることを目指した。

この理論は必ずしも正論ではない。出会い系アプリは現代の出会いという環境において必需品となっており、往々にしてセックスが最終目的というわけではないからだ。

2013年10月、著作権侵害訴訟でオンラインゲーム会社 Zynga と和解した後、Bang With Friends は名称を Down に変更することを余儀なくされた。(Zynga は「Words with Friends」という Scrabble のようなゲームを所有している。)

Paktor はアメリカにおいてすでに存在感を放っているため、同社の3,250万米ドルにおよぶ資金調達の大半は国際展開のためのものだった。同社は総額5,750万米ドルの資金を調達しており、東南アジアにおける主な出会い系アプリのひとつとなっている。

Paktor は12月、台湾のライブストリーミングアプリ17 media の筆頭株主となった。この買収は、デジタルエンターテイメント分野を強化することで Paktor のサービスを多様化する形となった。Down の買収は、Paktor の設立当初からのビジネスモデルに沿っていると言える。

ちなみに、Paktor による買収時、Down は黒字決算だった。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

アジアの出会い系アプリ「Paktor」、初の他社買収でアジアにライブストリーミングアプリを展開する台湾の17 Mediaの経営権を取得

SHARE:

シンガポールの出会い系プラットフォーム Paktor は本日(12月8日)、台湾の動画ストリーミングプラットフォームで1,500万人のユーザを抱える17 Media の支配権持分を取得したと発表した。 17 Media は「相当の現金注入」を受けて、提携関係の強化、ライブストリーミングプラットフォームの向上、コンテンツの改善を図る。 そして Paktor の CEO である Joseph Phua…

paktor_featuredimage
Image credit: Paktor

シンガポールの出会い系プラットフォーム Paktor は本日(12月8日)、台湾の動画ストリーミングプラットフォームで1,500万人のユーザを抱える17 Media の支配権持分を取得したと発表した。

17 Media は「相当の現金注入」を受けて、提携関係の強化、ライブストリーミングプラットフォームの向上、コンテンツの改善を図る。

そして Paktor の CEO である Joseph Phua(潘杰賢)氏が17 Media の新 CEO を引き継ぎ、同社を立ち上げた Jeffrey Huang(黄立成)氏は会長となるほか設立者としての地位は継続する。

Paktor が大きな行動を起こすのは、「ソーシャルエンターテイメント機能を向上させる」として3,250万米ドルの資金を調達してから初のことである。

<関連記事>

Phua 氏は声明で次のように述べている。

今回の案件は Paktor にとって記念すべき一歩です。17 Media は近年急成長しているソーシャルエンターテイメント業界のリーダー的企業でありながらも、どちらかというと創業して間もない若い企業です。

Paktor がアジア8ヶ国でのネットワーク展開を目指す一方、17 Media が現在の1,500万人からさらに多くのユーザを獲得し成長していく上でまさに必要としているのはキャッシュだ。17 Media がこの目標を達成する一つのステップは、Paktor が展開している主要国市場(韓国、台湾、フィリピン、ベトナム、タイ、インドネシア、マレーシア、シンガポール)に進出することである。

海をまたいだ中国では、ライブストリーミング企業がすでに成功しており、(網紅たちもここ最近稼いでいるように)有名人がこうしたプラットフォームで大金を稼いでるほどだ。

Huang 氏は声明で次のように述べた。

今回の案件により、17 Media はアジアで成長を続ける巨大プラットフォームや実績の証明された経営チーム、新たなレベルに引き上げるために必要な強固な基盤にアクセスできるようになります。

Huang 氏について言えば、今回の買収は実際彼の興味深い人生の中でも記念すべきマイルストーンである。彼は、1990年代初頭に台湾文化にヒップホップをもたらした3人組のラップグループ LA. Boyz(洛城三兄弟) の1人である。

Huang 氏は、2003年にタレントマネジメント兼エンターテイメント制作会社の Machi Entertainment(麻吉娯楽)を立ち上げた。 2015年には17 Media を設立することでデジタル業界に転身した。

Paktor は2013年設立、会社発表によるユーザ数は1,500万人。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

日本にも上陸したアジアのデートアプリ「Paktor」、3,250万米ドルを調達し〝ソーシャルエンターテインメント〟への道を探る

SHARE:

シンガポールのソーシャル・出会い系アプリのスタートアップ Paktor は資金調達を続けている。本日(記事執筆日:11/1)同社は、最新の資金調達で3,250万米ドル相当を獲得したことを発表した。 (更新:Paktor の CEO で共同設立者、Joseph Phua 氏のコメントを追加した。) 今回の資金調達ラウンドは、アメリカとアジアを結び付けている VC 企業 K2 Global とインドネ…

paktor_featuredimage
Photo credit: Paktor.

シンガポールのソーシャル・出会い系アプリのスタートアップ Paktor は資金調達を続けている。本日(記事執筆日:11/1)同社は、最新の資金調達で3,250万米ドル相当を獲得したことを発表した。

(更新:Paktor の CEO で共同設立者、Joseph Phua 氏のコメントを追加した。)

今回の資金調達ラウンドは、アメリカとアジアを結び付けている VC 企業 K2 Global とインドネシアの MNC Media Group がリードしている。MNC は3月から7月にかけての2つのラウンドで Paktor に資金を注入しており、今回再度の投資となる。その他、Vertex Ventures のような既存および新規のVCも参加している。

CEO で共同設立者の Joseph Phua 氏は Tech in Asia に対して、今回の資金調達は今年同社が行った3回目のラウンドであることを認めた。

今年 Joseph 氏が実際に多くの時間を費やしたのは、資金調達と同社を成長させる方法についてだった。同社にとって良かったのは、Paktor が資金の出所を心配する必要がなかったことだ。7月のラウンド以降まもなく、同社のキャッシュフローはポジティブになっている。Joseph によれば、同社は2015年の7月に調達した資金さえまだ使い切らずにいるという。

Paktor の登録ユーザ数は2,000万人を突破したところだが、そのうちのどれだけがサービスを常時利用しているかは定かでない。2015年の終わりにサブスクリプション制(会費制)サービスを導入し、それにより前年比で22倍の売上成長を達成し、同社は黒字化している。

当社がマネタイズを始めると、景色がばら色に見えてきました。お金が入ってくるようになり、資金が底をつくことを心配しなくてよくなったのは素晴らしい気分でした。(Joseph 氏)

ソーシャルへと

Paktor は今回調達した資金を「ソーシャルエンターテインメント分野」へのビジネス拡張に活用するという。資金の心配をせずに済むことで、チームは一歩引いた視点から現在のマーケットがどうなっているか、どこに向かおうとしているかを見通すことができている。

オンライン出会い系の業界では、中国サイト Baihe による Jiauyan 買収といった統合もあり、また大手 Tinder がユーザベースの拡大に苦しんでもいる

ソーシャル業界では大きな地殻変動が起きており、対応した動きを起こさなければ、変化に巻き込まれることになるでしょう。(Joseph 氏)

同社は2015年中盤のラウンド以降、ただの出会い系アプリにとどまらないという方向性について、とても雄弁に語っている。当時 Joseph 氏は、筆者らにこのように語っていた。

気づいたことは、人は生活のさまざまなシーンで他の人と出会っているということです。

仕事中だったり、友人と出かけて飲んでいるときだったり、あるアクティビティで友人が別の新しい友人を連れてきたり。大きな目で見れば、生活のあらゆるところで新しい人と出会うことが可能で、私たちがやろうとしているのは一つのプラットフォームでそのような多くのシーンを提供し、需要を満たすことです。

同社は試したいアイデアをいくつか持っているようだが、現時点で詳細はそれほど明らかにされていない。Joseph 氏は同社が見据えているトレンドの概要を教えてくれた。

Instagram や Snap Stories、モバイルライブストリーミングやユーザ生成コンテンツ、セミプロフェッショナルによるコンテンツといったエンターテインメントの形はみな、人々を違った形で結び付けています。

私たちは、これらさまざまな手段のコミュニケーションを一つのプラットフォームにまとめ、当社技術によりそれをユーザに使ってもらいたいのです。

The Paktor team. Photo credit: Paktor.
Paktorチーム.Photo credit: Paktor.

同社は現在これら多くの機能を実装しているところで、ビジネスを軌道に乗せ、ユーザベースの拡大を狙っている(同社はアジア7ヶ国にオフィスを構えている)。それにより新しいアイデアを実験する余裕ができることになる。

Paktor が出会い系だけのイメージを払拭することは容易ではないだろう。そもそも同社の名前が、福建地方の方言で「出会い(デート)」を意味しているのだ。Joseph 氏は次のように認めている。

社名の意味が通じない国においても、当社のブランドイメージは出会い系に結びついています。これが私たちの計画の足かせになる可能性はあります。

同社は、優良顧客プログラムの Paktor Rewards、ユーザが興味のあることについてランダムな質問に答えるとクレジット(ポイント)がもらえる Paktor Questions、サービス上でバーチャルギフトを手早く送れる One-Touch Gifts など、多くの付加機能をローンチしている。そしてこれらのサービスがユーザプロファイルの評価やマッチングを改善しているとしている。

Paktor は、今回のラウンドを含め公開されている外部資金により総額5,750万米ドルを獲得している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

日本へ本格進出間近とされるアジアのデートアプリ「Paktor」、シリーズCでYJキャピタルらから1,000万ドルを調達

SHARE:

(7/11 15:30訂正:Deal Street Asia などの情報によれば、今回のラウンドは YJ キャピタルのリードとされるが、YJ キャピタルによればリードインベスターではないとのこと。) シンガポールを拠点に、アジア地域向けのソーシャルデートアプリ「Paktor」を開発する Paktor は、シリーズCラウンドで1,000万ドルを調達したことを明らかにした。このラウンドは YJ キャピ…

paktor_featuredimage

7/11 15:30訂正:Deal Street Asia などの情報によれば、今回のラウンドは YJ キャピタルのリードとされるが、YJ キャピタルによればリードインベスターではないとのこと。)

シンガポールを拠点に、アジア地域向けのソーシャルデートアプリ「Paktor」を開発する Paktor は、シリーズCラウンドで1,000万ドルを調達したことを明らかにした。このラウンドは YJ キャピタルがリードしのほか、Global Grand Leisure、Golden Equator Capital、Sebrina Holdings Venture Capital が参加した。なお、Vertex Asia Fund、PT Media Nusantara Citra TBK.、Majuven、Convergence Ventures といった既存株主も参加している。今回のラウンドでの調達を受けて、同社がこれまでに調達した資金の総額は2,050万ドルに上る。

2013年にローンチした Paktor は、18歳から35歳のソーシャルな出会いを求める独身の人々をターゲットとするサービスで、モバイルデートアプリ、有料のマッチメイキング O2O イベントなどを提供する。同社によれば、O2O サービスの強化に伴い、今年の売上は1,000万ドルに達する見込みだという。Paktor ではこれまで、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナム、タイ、台湾、韓国で O2O イベントサービスを提供しており、今後は東南アジアでのサービス強化に加えて、日本や韓国といった北アジアへのサービス展開を本格化するとしている。

日本で人気のあるデートアプリの上位を見てみると、pairs(累積会員数400万人、マッチング成立2,230万組)、Omiai(累積会員数150万人、マッチング成立400万組以上)、タップル誕生(会員数100万人、マッチング成立約300万組)、ラブサーチ(累積会員数150万人以上)、youbride(会員数109万人)などがいる。これらのサービスの多くは月額数千円程度の会費を主な収入源としているのに対し、Paktor では前述したような O2O サービスが売上の多くを占めている。Paktor はこの1年間でアジア全域の会員数を1,500万人にまで2倍以上増加させている。

Paktor のモバイルアプリ( Android  / iOS )は既に日本語でも利用可能だが、日本市場への本格進出にあたり、東南アジアでのビジネスモデルや O2O イベントサービスが踏襲されるか否かについては明らかになっていない。

※ 文中の会員数やマッチング成立数は、各社が自社サイト上で公表している数字から最新のものを引用した。

<関連記事>

----------[AD]----------