日本にも上陸したアジアのデートアプリ「Paktor」、3,250万米ドルを調達し〝ソーシャルエンターテインメント〟への道を探る

by Tech in Asia Tech in Asia on 2016.11.11

paktor_featuredimage
Photo credit: Paktor.

シンガポールのソーシャル・出会い系アプリのスタートアップ Paktor は資金調達を続けている。本日(記事執筆日:11/1)同社は、最新の資金調達で3,250万米ドル相当を獲得したことを発表した。

(更新:Paktor の CEO で共同設立者、Joseph Phua 氏のコメントを追加した。)

今回の資金調達ラウンドは、アメリカとアジアを結び付けている VC 企業 K2 Global とインドネシアの MNC Media Group がリードしている。MNC は3月から7月にかけての2つのラウンドで Paktor に資金を注入しており、今回再度の投資となる。その他、Vertex Ventures のような既存および新規のVCも参加している。

CEO で共同設立者の Joseph Phua 氏は Tech in Asia に対して、今回の資金調達は今年同社が行った3回目のラウンドであることを認めた。

今年 Joseph 氏が実際に多くの時間を費やしたのは、資金調達と同社を成長させる方法についてだった。同社にとって良かったのは、Paktor が資金の出所を心配する必要がなかったことだ。7月のラウンド以降まもなく、同社のキャッシュフローはポジティブになっている。Joseph によれば、同社は2015年の7月に調達した資金さえまだ使い切らずにいるという。

Paktor の登録ユーザ数は2,000万人を突破したところだが、そのうちのどれだけがサービスを常時利用しているかは定かでない。2015年の終わりにサブスクリプション制(会費制)サービスを導入し、それにより前年比で22倍の売上成長を達成し、同社は黒字化している。

当社がマネタイズを始めると、景色がばら色に見えてきました。お金が入ってくるようになり、資金が底をつくことを心配しなくてよくなったのは素晴らしい気分でした。(Joseph 氏)

ソーシャルへと

Paktor は今回調達した資金を「ソーシャルエンターテインメント分野」へのビジネス拡張に活用するという。資金の心配をせずに済むことで、チームは一歩引いた視点から現在のマーケットがどうなっているか、どこに向かおうとしているかを見通すことができている。

オンライン出会い系の業界では、中国サイト Baihe による Jiauyan 買収といった統合もあり、また大手 Tinder がユーザベースの拡大に苦しんでもいる

ソーシャル業界では大きな地殻変動が起きており、対応した動きを起こさなければ、変化に巻き込まれることになるでしょう。(Joseph 氏)

同社は2015年中盤のラウンド以降、ただの出会い系アプリにとどまらないという方向性について、とても雄弁に語っている。当時 Joseph 氏は、筆者らにこのように語っていた。

気づいたことは、人は生活のさまざまなシーンで他の人と出会っているということです。

仕事中だったり、友人と出かけて飲んでいるときだったり、あるアクティビティで友人が別の新しい友人を連れてきたり。大きな目で見れば、生活のあらゆるところで新しい人と出会うことが可能で、私たちがやろうとしているのは一つのプラットフォームでそのような多くのシーンを提供し、需要を満たすことです。

同社は試したいアイデアをいくつか持っているようだが、現時点で詳細はそれほど明らかにされていない。Joseph 氏は同社が見据えているトレンドの概要を教えてくれた。

Instagram や Snap Stories、モバイルライブストリーミングやユーザ生成コンテンツ、セミプロフェッショナルによるコンテンツといったエンターテインメントの形はみな、人々を違った形で結び付けています。

私たちは、これらさまざまな手段のコミュニケーションを一つのプラットフォームにまとめ、当社技術によりそれをユーザに使ってもらいたいのです。

The Paktor team. Photo credit: Paktor.
Paktorチーム.Photo credit: Paktor.

同社は現在これら多くの機能を実装しているところで、ビジネスを軌道に乗せ、ユーザベースの拡大を狙っている(同社はアジア7ヶ国にオフィスを構えている)。それにより新しいアイデアを実験する余裕ができることになる。

Paktor が出会い系だけのイメージを払拭することは容易ではないだろう。そもそも同社の名前が、福建地方の方言で「出会い(デート)」を意味しているのだ。Joseph 氏は次のように認めている。

社名の意味が通じない国においても、当社のブランドイメージは出会い系に結びついています。これが私たちの計画の足かせになる可能性はあります。

同社は、優良顧客プログラムの Paktor Rewards、ユーザが興味のあることについてランダムな質問に答えるとクレジット(ポイント)がもらえる Paktor Questions、サービス上でバーチャルギフトを手早く送れる One-Touch Gifts など、多くの付加機能をローンチしている。そしてこれらのサービスがユーザプロファイルの評価やマッチングを改善しているとしている。

Paktor は、今回のラウンドを含め公開されている外部資金により総額5,750万米ドルを獲得している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------