THE BRIDGE

タグ Voicy

音声メディアスタートアップのVoicy、B向けサービス「VoicyBiz」をローンチ——音声版の「note」、オウンドメディアプラットフォームを目指す

SHARE:

音声メディア「Voicy」を運営する Voicy は20日、企業向けの音声メディアソリューション「VoicyBiz」をローンチした。企業が自社社内向け、あるいは、潜在顧客や既存顧客向けに音声メディアを配信できる環境を提供する。 これまで Voicy 内で運営してきた「企業チャンネル」を、本格的に一つのサービスラインとして独立させた形だ。同社によれば、クリエイターと読者を繋ぐ「note」のコンセプト…

VoicyBiz
Image credit: Voicy

音声メディア「Voicy」を運営する Voicy は20日、企業向けの音声メディアソリューション「VoicyBiz」をローンチした。企業が自社社内向け、あるいは、潜在顧客や既存顧客向けに音声メディアを配信できる環境を提供する。

これまで Voicy 内で運営してきた「企業チャンネル」を、本格的に一つのサービスラインとして独立させた形だ。同社によれば、クリエイターと読者を繋ぐ「note」のコンセプトに近く、また、音声版のオウンドメディア環境的位置づけを確立したいようだ。

VoicyBiz には自由に音声メディアを発信できるオープン型と、聞き手を限定した発信ができるクローズド型の2種類の運用プランから選ぶことができる。前者は主に潜在顧客向け、後者は既存顧客や社員向けの音声メディアを作るのに適当だと見れるだろう。

以前、この記事で Employee Experience(EX)を引用して紹介したように、対外的に発信する情報が、在籍する社員に対するメッセージ発信にも頻繁に利用されるケースは、PR やオウンドメディアの世界で増えている。これは音声メディアにおいても、同じことが言えるようだ。Voicy の代表取締役 CEO 緒方憲太郎氏は、自身でも対外的な情報発信を Voicy を使って実践している

Voicy のチームメンバー。最前列左から3人目が代表取締役 CEO の緒方憲太郎氏
Image credit: Voicy

Voicy は2016年9月にサービスをローンチ。2018年頃からスポンサーを募ることで、C 向けサービスでマネタイズが始まったと見られる。これまでに開設されたチャンネルは250以上。これまでに数回のラウンドを経て、明らかになっているものだけで9億円超を外部から資金調達しているものと見られる。

類似サービスも台頭し始める中で、緒方氏は Voicy の位置づけを改めて次のように説明してくれた。

Voicy は、音声の新しいフォーマットも作っていくメディアだと思っています。よりリスナーを魅了するコンテンツが残っていき、音声がちゃんと事業化する方向を目指しています。

また to Bでも企業が音声チャンネルをもったりする世界を作りたいと思ってインフラまで作っています。社内報も含めビジネスユーズできるところが大きく違います。「声で人を届けるメディア」という立ち位置です。

なお、今回の VoicyBiz のローンチとあわせ、Voicy は CI(Corporate Identity)を刷新しロゴも変更した。この CI とロゴ変更の意図については、Voicy 上で緒方氏が語っている話を聞いてほしい。同社では現在、事業の拡大に伴ってエンジニア、プロダクトマネージャー、UI/UX デザイナー、コンテンツ企画、セールス、マーケティング担当者などを募集している

<参考文献>

----------[AD]----------

音声ITスタートアップのVoicy、約1.2億円を調達——ABCドリームベンチャーズ、文化放送、千葉功太郎氏、田端信太郎氏らから

SHARE:

気に入ったパーソナリティの声で聞くことができるラジオアプリ「Voicy(ボイシー)」を展開する Voicy は26日、約1.2億円を調達したことを明らかにした。ABCドリームベンチャーズ、文化放送、千葉功太郎氏、田端信太郎氏、名前非開示の個人投資家3名が参加した。これは、同社が先月実施した約7億円の調達と同一ラウンド(ラウンドは不明)。それより前、Voicy は2017年3月(調達額非開示)、20…

Voicy のチームメンバー。2018年9月に迎えたサービス開始2周年を記念して。
Image credit: Voicy

気に入ったパーソナリティの声で聞くことができるラジオアプリ「Voicy(ボイシー)」を展開する Voicy は26日、約1.2億円を調達したことを明らかにした。ABCドリームベンチャーズ、文化放送、千葉功太郎氏、田端信太郎氏、名前非開示の個人投資家3名が参加した。これは、同社が先月実施した約7億円の調達と同一ラウンド(ラウンドは不明)。それより前、Voicy は2017年3月(調達額非開示)、2018年2月(調達額2,800万円)に資金調達を実施している。Voicy の累積調達金額は8.5億円超に達したとみられる。

Voicy のチャンネル一覧
Image credit: Voicy

今回の調達先のうち、文化放送とは2017年、Voicy のパーソナリティを対象に、文化放送の新番組の番組アンバサダーのメンバー募集を展開したほか、「文化放送 マスターズインタビュー(The News Masters TOKYO)」、「文化放送働き女子♪のドキドキ裏話(文化放送 働き女子♪パーソナリティ)」でラジオとの番組連携の実績がある。ABC ドリームベンチャーズの親会社である朝日放送とも同様のシナジーが期待されるが詳細は明らかになっていない。

同社では調達した資金を使って、技術組織の増強、新しい音声コンテンツの開発、ブランディングや企画、新しいサービス開発に注力するとしている。これに合わせ、エンジニア、UI/UX デザイナー、VPoE、CxO、コーポレート・スタッフ、セールス、広報などの人材採用を強化する

Voicy
Image credit: Voicy

Voicy は2016年2月、公認会計士でスタートアップ支援を行ってきた緒方憲太郎氏により創業。同年9月、iOS 向けに Voicy をローンチした。2017年3月には TECH LAB PAAK 第7期のデモデイで優勝、その後、Android 版やウェブ版などをリリースし、Amazon Echo(Alexa) や Google Home といったスマートスピーカーでの聴取にも対応した。2018年、中京テレビ放送のアクセラレータ「CHUKYO-TV INNOVATION PROGRAM」初回バッチに採択されており、これが同社との協業や同社からの調達につながったとみられる。

最近ではスポンサーがコンテンツに口出しできない番組スポンサーモデルを提案し、スポンサーとパーソナリティをマッチングを開始。「Voicy ファンマガジン」や「Voicy Journal (ボイシージャーナル)」といった情報発信メディアも立ち上げている。Voicy はユーザ数を明らかにしていないが、2018年だけでユーザ数が30倍以上に伸びたことを明らかにしている。

via PR TIMES

----------[AD]----------

音声ITスタートアップのVoicy、約7億円を調達——グローバル・ブレイン、D4V、TBS、電通、中京テレビ、スポニチから

SHARE:

気に入ったパーソナリティの声で聞くことができるラジオアプリ「Voicy(ボイシー)」を展開する Voicy は18日、直近のラウンドで約7億円を調達したことを明らかにした。グローバル・ブレインがこのラウンドのリードインベスターを務め、D4V、TBS イノベーション・パートナーズ、電通イノベーションパートナーズ、中京テレビ放送、スポーツニッポン新聞社が参加した。 これは Voicy にとって、201…

Voicy のチームメンバー。2018年9月に迎えたサービス開始2周年を記念して。
Image credit: Voicy

気に入ったパーソナリティの声で聞くことができるラジオアプリ「Voicy(ボイシー)」を展開する Voicy は18日、直近のラウンドで約7億円を調達したことを明らかにした。グローバル・ブレインがこのラウンドのリードインベスターを務め、D4V、TBS イノベーション・パートナーズ、電通イノベーションパートナーズ、中京テレビ放送、スポーツニッポン新聞社が参加した。

これは Voicy にとって、2017年3月の資金調達(調達額非開示)、2018年2月の資金調達(調達額2,800万円)に続くものだ。調達ラウンドは不明。機関投資家からの資金調達は、今回が初めてとなる。

Voicy のチャンネル一覧
Image credit: Voicy

今回の調達先のうち、中京テレビ及びスポーツニッポンとはそれぞれ、Voicy と音声放送コンテンツの共同開発を実施していることから、戦略的投資とみられる。TBS イノベーション・パートナーズ、および、電通イノベーションパートナーズについても、同社系列の事業会社との事業シナジーを念頭に置いている可能性があるが、詳細は明らかになっていない。

同社では調達した資金を使って、技術組織の増強、新しい音声コンテンツの開発、ブランディングや企画、新しいサービス開発に注力するとしている。これに合わせ、エンジニア、UI/UX デザイナー、VPoE、CxO、コーポレート・スタッフ、セールス、広報などの人材採用を強化する

Voicy
Image credit: Voicy

Voicy は2016年2月、公認会計士でスタートアップ支援を行ってきた緒方憲太郎氏により創業。同年9月、iOS 向けに Voicy をローンチした。2017年3月には TECH LAB PAAK 第7期のデモデイで優勝、その後、Android 版やウェブ版などをリリースし、Amazon Echo(Alexa) や Google Home といったスマートスピーカーでの聴取にも対応した。2018年、中京テレビ放送のアクセラレータ「CHUKYO-TV INNOVATION PROGRAM」初回バッチに採択されており、これが同社との協業や同社からの調達につながったとみられる。

最近ではスポンサーがコンテンツに口出しできない番組スポンサーモデルを提案し、スポンサーとパーソナリティをマッチングを開始。「Voicy ファンマガジン」や「Voicy Journal (ボイシージャーナル)」といった情報発信メディアも立ち上げている。Voicy はユーザ数を明らかにしていないが、2018年だけでユーザ数が30倍以上に伸びたことを明らかにしている。

<参考文献>

----------[AD]----------

ネットラジオ・スタートアップの「Voicy(ボイシー)」、起業家やエンジェル16名から総額2,800万円を新たに資金調達——技術人員を強化

SHARE:

気に入ったパーソナリティの声で聞くことができるラジオアプリ「Voicy(ボイシー)」を展開する Voicy は19日、起業家16名から総額2,800万円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、以下の方々(匿名希望者を除く)。 秋山 勝氏(ベーシック 代表取締役) 伊藤 将雄氏(ユーザーローカル 代表取締役社長) 川田 尚吾氏(DeNA 共同創業者) 佐渡島 庸平氏(コルク 代表取締役社長…

Voicy
Image credit: Voicy

気に入ったパーソナリティの声で聞くことができるラジオアプリ「Voicy(ボイシー)」を展開する Voicy は19日、起業家16名から総額2,800万円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、以下の方々(匿名希望者を除く)。

  • 秋山 勝氏(ベーシック 代表取締役)
  • 伊藤 将雄氏(ユーザーローカル 代表取締役社長)
  • 川田 尚吾氏(DeNA 共同創業者)
  • 佐渡島 庸平氏(コルク 代表取締役社長)
  • 佐藤 裕介氏(フリークアウト・ホールディングス 代表取締役社長)
  • 島田 亨氏(USEN-NEXT HOLDINGS 取締役副社長 COO)
  • 高梨 巧氏(favy 代表取締役社長)
  • 為末 大氏(侍 代表取締役)
  • 千葉 功太郎氏(個人投資家)
  • 平澤 創氏(フェイス 代表取締役)
  • 堀 義貴氏(ホリプロ 代表取締役)
  • 松本 大氏(マネックスグループ 代表執行役 CEO)
  • 山田 尚貴氏(エニドア 代表取締役)
  • 柳澤 大輔氏(カヤック 代表取締役 CEO)

これは同社にとって、昨年3月にエンジェル投資家12名から総額数千万円を資金調達したのに続くものだ。平澤氏と島田氏は、前回に続くフォローオンでの出資であることが確認できる。今回調達した資金で、Voicy は技術部門を把握・改善・牽引する CTO 候補を採用するとしている。

Voicy のメンバー(一部)。中央が代表取締役の緒方憲太郎氏
Image credit: Voicy

前回のエンジェル投資家からの出資と、今回の起業家を中心とした出資で、Voicy の株主は総勢20名程度に上ると見られる。創業からまもなく2年半を迎える Voicy がエンジェルに出資を依存し続ける戦略については、転職サイト「アマテラス」が昨年実施した創業者・緒方憲太郎氏へのインタビューに詳しい。

Voicy は2016年2月、公認会計士でスタートアップ支援を行ってきた緒方氏により創業。同年9月、iOS 向けに Voicy をローンチした。2017年3月には TECH LAB PAAK 第7期のデモデイで優勝、その後、Android 版やウェブ版などをリリースし、Amazon Echo(Alexa) や Google Home といったスマートスピーカーでの聴取にも対応した。

Voicy は先ごろ、中京テレビのアクセラレータ「CHUKYO-TV INNOVATION PROGRAM」初回バッチに採択されたほか、今週20日には、福岡で開催予定の ICC サミット FUKUOKA 2018 のピッチコンペティション「スタートアップ・カタパルト」に、ファイナリストとして登壇を予定している。

----------[AD]----------

毎日の情報を声で聴けるアプリ「Voicy」、Android版をリリース——セント・フォースと提携し、所属メンバー7人によるニュース配信を開始

SHARE:

複数のニュースソースからの記事を、気に入ったパーソナリティの声で聞くことができるラジオアプリ「Voicy(ボイシー)」を展開する Voicy は2日、Android アプリのリリースを発表した。同社は iOS アプリを昨年9月にリリースしていた。 また同日、大手芸能事務所セント・フォースと提携、ミスコン受賞者の大学生が中心となって所属する「セント・フォース sprout(スプラウト)」のメンバーに…

複数のニュースソースからの記事を、気に入ったパーソナリティの声で聞くことができるラジオアプリ「Voicy(ボイシー)」を展開する Voicy は2日、Android アプリのリリースを発表した。同社は iOS アプリを昨年9月にリリースしていた。

また同日、大手芸能事務所セント・フォースと提携、ミスコン受賞者の大学生が中心となって所属する「セント・フォース sprout(スプラウト)」のメンバーによる「セントフォース公式ニュース」の配信を開始した(10月2日午前8時半配信開始)。このチャンネルでは、天気やその日のニュース、気になったメディアコラム、今日の一言をセント・フォース sprout のメンバー7名が曜日毎に担当して届ける。

Voicy は今年4月にエンジェルラウンドを実施し、平澤創氏、島田亨氏、谷家衛氏、高野真氏、須田仁之氏、日比谷尚武氏ら、投資家12名から総額数千万円を資金調達。Voicy のパーソナリティを対象に、文化放送の新番組の番組アンバサダーのメンバー募集を開始。7月には、iOS アプリに加え、web 版もリリースしていた

----------[AD]----------

読み上げた記事を音声コンテンツとして聴ける「Voicy」がWeb版を公開、SNSやPCから再生可能に

SHARE:

複数のメディアの記事情報を音声コンテンツとして聴けるサービス「Voicy」は7月18日、Web版でのサービス提供を開始することを発表した。これにより、ユーザーはSNSでシェアされたコンテンツをすぐに聴いたり、PC上で再生することができるようになる。 2016年9月にβ版をローンチしたVoicyは、複数のメディアの記事を120名を超える様々なパーソナリティーの声によって音声コンテンツ化し、配信するサ…

d21111-10-577442-0

複数のメディアの記事情報を音声コンテンツとして聴けるサービス「Voicy」は7月18日、Web版でのサービス提供を開始することを発表した。これにより、ユーザーはSNSでシェアされたコンテンツをすぐに聴いたり、PC上で再生することができるようになる。

2016年9月にβ版をローンチしたVoicyは、複数のメディアの記事を120名を超える様々なパーソナリティーの声によって音声コンテンツ化し、配信するサービス。新聞や雑誌など約25のメディアと連携し、経済や社会、スポーツ、グルメ、エンタメといったジャンルの情報をリスナーに届ける。

今回のWeb版のリリースとあわせてビジネスやテクノロジーの情報を短時間で聴けるチャンネル「Voicy公式ITビジネスニュース」も開設。サービス拡大にともない、パーソナリティーの増加などを目指す。

Source:PRTIMES

----------[AD]----------

毎日の情報を声で聴けるアプリ「Voicy」、有力個人投資家ら12名から資金を調達——アプリを一新し写真投稿や倍速再生機能などを新たに追加

SHARE:

東京・渋谷に拠点を置くスタートアップ Voicy は、複数のニュースソースからの記事を、気に入ったパーソナリティの声で聞くことができるラジオアプリ「Voicy(ボイシー)」を iOS 向けに提供している。同社は15日、有力エンジェル投資家ら12名から資金調達を実施した。 このラウンドに参加したのは、平澤創氏(フェイス代表取締役)、島田亨氏(元楽天球団社長兼オーナー)、谷家衛氏(あすかアセットマネジ…

東京・渋谷に拠点を置くスタートアップ Voicy は、複数のニュースソースからの記事を、気に入ったパーソナリティの声で聞くことができるラジオアプリ「Voicy(ボイシー)」を iOS 向けに提供している。同社は15日、有力エンジェル投資家ら12名から資金調達を実施した。

このラウンドに参加したのは、平澤創氏(フェイス代表取締役)、島田亨氏(元楽天球団社長兼オーナー)、谷家衛氏(あすかアセットマネジメント会長、お金のデザイン会長兼ファウンダー)、高野真氏(MT パートナーズ代表)、須田仁之氏、日比谷尚武氏(Sansan コネクタ/Eightエバンジェリスト)、その他シナジーのある事業会社のCEOなど総勢12名。調達金額は開示されていないが、概ね数千万円の後半台と見られる。

金額規模的にはシードラウンドに近いが、Voicy の創業者で CEO の緒方憲太郎氏によれば、当初シードラウンドで調達しようとしていた資金について、相談していたエンジェル投資家らからの提案で、すべてエンジェル投資家からの資金調達に変更したとのこと。結果的にシードラウンドに近い規模の資金が全てエンジェルから集まるという、大きめのエンジェルラウンドになった。

今回、有力エンジェル投資家12名から調達できた点について、緒方氏は THE BRIDGE のインタビューに対し、次のようにコメントしている。

エンジェルラウンドって今しかないから一緒に乗ってくれる仲間を集められる唯一のタイミングだと思います。メンター欲しかったし。満足のファイナンスです。(中略)

僕らみたいに世界中誰もやってなくて真似する先もないベンチャーとしては、「よく分からんけどその世界応援する!」って、後ろから同じ夢見て押してくれる有名な人がいるのは本当に助かります。

昨年9月にローンチした Voicy は、個性あふれるパーソナリティーの声によって、日々のメディアの情報を聴くことができるモバイルアプリだ。情報源となるメディアはローンチ当初の8メディアから25メディアに拡大、パーソナリティの持つチャンネルも40から140へと増加。新人が多数オーディションに応募しており、素人からプロまで個性豊かなチャンネルが増えているという。ユーザ1人あたり1日平均20分以上アプリを使うという滞在時間の高さも、音声というユニークなコンテンツならではの特徴と言える。

Voicy の経営チーム:左から、CEO 緒方憲太郎氏、CTO 窪田雄司氏、COO 秋山貫太氏、CIO伊東正幸氏
Image credit: Voicy

チームには、創業メンバーである CEO 緒方氏、CTO 窪田雄司氏に加え、今月からリクルートキャリアで「サンカク」の立ち上げ経験を持つ秋山貫太氏が COO として、大手 IT ベンダーで PL や PM 経験を豊富に持つ伊東正幸氏が CIO として合流している。

今回の資金調達にあわせ、Voicy は現在公開しているモバイルアプリのβ版を大幅にリニューアルし、ジャンル分け、タグ機能の追加、写真投稿機能の追加、1.5倍速、2倍速再生機能の追加、ランキング、再生履歴の表示、コメント返信機能の追加が実装。

また、ウェブサイトやアプリのデザイン、Voicy のロゴなどについても一新される。今後、Voicy ではモバイルアプリでのみ聴けていた100チャンネル以上の音声コンテンツについてウェブサイトでも聴けるようにし、パーソナリティの一覧画面を新たに開設する計画だ。

Voicy では、声の価値として、コミュニケーションや情報伝達だけではなく、その表現力と人間性や個性によりフォーカスし、声の温かさのある「体温のある情報」を届けたいとしている。

同社では現在、エンジニア広報担当者のほか、オーディションに参加を希望する新人パーソナリティ、法人チャンネルの開設を希望する企業からのエントリを募集している。

----------[AD]----------

ニュースは読む時代から聴く時代へ——さまざまな分野の話題を、声で選んで聴けるラジオアプリ「Voicy(ボイシー)」が登場

SHARE:

東京・渋谷に拠点を置くスタートアップ Voicy は23日、複数のニュースソースからの記事を、気に入ったパーソナリティの声で聞くことができるラジオアプリ「Voicy(ボイシー)」をβローンチした。iOS 向けに iTunes AppStore から無料でダウンロードできる。 Voicy では、提携する複数のニュースソースからの記事を、クラウドソースされた複数のパーソナリティが読み上げ。リスナーは好…

voicy_featuredimage

東京・渋谷に拠点を置くスタートアップ Voicy は23日、複数のニュースソースからの記事を、気に入ったパーソナリティの声で聞くことができるラジオアプリ「Voicy(ボイシー)」をβローンチした。iOS 向けに iTunes AppStore から無料でダウンロードできる。

Voicy では、提携する複数のニュースソースからの記事を、クラウドソースされた複数のパーソナリティが読み上げ。リスナーは好きなパーソナリティをフォローすることで、自分の耳に合ったパーソナリティによる番組を楽しむことができる。リスナーからパーソナリティにコメントを送信することもでき、番組にインタラクションを生み出すことも可能だ。

一方、パーソナリティには Voicy からお題としてニュース記事が提供されるほか、リスナーからも読んでほしい内容を伝えることができる。パーソナリティは iPhone を使って、場所や時間に縛られずに音声を録音し、Voicy にアップロードすることができ、スタジオ収録や編集といった作業も発生しない。現在、Voicy にはフリーアナウンサーや声優など6名のパーソナリティが登録しており、自らの番組を放送している。

公開された番組は、パーソナリティにとって、事務所やクライアントに自分を売り込む際の宣材アイテムとしても機能するため、Voicy は新人を発掘したい事務所などとも連携していきたいとしている。今後、一般からもパーソナリティ候補の募集を始める予定だ。

Voicy の提携メディアは多岐にわたり、βローンチ時点で、毎日新聞、スポニチ、THE BRIDGE、favy、nanapi、ASCII STARTUP、BARKS の7つのメディアの参加が明らかになっている。Voicy では提携メディアの数を増やし、メディア毎のチャンネルを設けることで、パーソナリティのフォローだけでなく、メディア毎のファン層の醸成も支援していきたい考えだ。

モバイルでのニュース記事の消費は、その多くが通勤時や移動中の交通機関の中で発生していることが明らかになっている。Voicy を使えば、画面を見ずに情報をインプットできることから、いわゆる〝歩きスマホ問題〟の解消にも一役買ってくれることが期待されるほか、運転中のドライバーにとっても安全で有用な情報源となる。

Voicy は以前、Ernst & Young やトーマツベンチャーサポートでスタートアップ支援を行なっていた、公認会計士の緒方憲太郎氏が設立したスタートアップだ。緒方氏は Voicy 立ち上げに邁進する傍ら、複数社のスタートアップの側面支援にも力を注いでいる。

voicy-team
最近、渋谷駅前の新オフィスに入居した Voicy のチーム(一番右が、創業者の緒方憲太郎氏)。現在、ウィッシュリストで、オフィス備品を募集中とのこと。
----------[AD]----------