音声ITスタートアップのVoicy、約7億円を調達——グローバル・ブレイン、D4V、TBS、電通、中京テレビ、スポニチから

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2019.2.18

Voicy のチームメンバー。2018年9月に迎えたサービス開始2周年を記念して。
Image credit: Voicy

気に入ったパーソナリティの声で聞くことができるラジオアプリ「Voicy(ボイシー)」を展開する Voicy は18日、直近のラウンドで約7億円を調達したことを明らかにした。グローバル・ブレインがこのラウンドのリードインベスターを務め、D4V、TBS イノベーション・パートナーズ、電通イノベーションパートナーズ、中京テレビ放送、スポーツニッポン新聞社が参加した。

これは Voicy にとって、2017年3月の資金調達(調達額非開示)、2018年2月の資金調達(調達額2,800万円)に続くものだ。調達ラウンドは不明。機関投資家からの資金調達は、今回が初めてとなる。

Voicy のチャンネル一覧
Image credit: Voicy

今回の調達先のうち、中京テレビ及びスポーツニッポンとはそれぞれ、Voicy と音声放送コンテンツの共同開発を実施していることから、戦略的投資とみられる。TBS イノベーション・パートナーズ、および、電通イノベーションパートナーズについても、同社系列の事業会社との事業シナジーを念頭に置いている可能性があるが、詳細は明らかになっていない。

同社では調達した資金を使って、技術組織の増強、新しい音声コンテンツの開発、ブランディングや企画、新しいサービス開発に注力するとしている。これに合わせ、エンジニア、UI/UX デザイナー、VPoE、CxO、コーポレート・スタッフ、セールス、広報などの人材採用を強化する

Voicy
Image credit: Voicy

Voicy は2016年2月、公認会計士でスタートアップ支援を行ってきた緒方憲太郎氏により創業。同年9月、iOS 向けに Voicy をローンチした。2017年3月には TECH LAB PAAK 第7期のデモデイで優勝、その後、Android 版やウェブ版などをリリースし、Amazon Echo(Alexa) や Google Home といったスマートスピーカーでの聴取にも対応した。2018年、中京テレビ放送のアクセラレータ「CHUKYO-TV INNOVATION PROGRAM」初回バッチに採択されており、これが同社との協業や同社からの調達につながったとみられる。

最近ではスポンサーがコンテンツに口出しできない番組スポンサーモデルを提案し、スポンサーとパーソナリティをマッチングを開始。「Voicy ファンマガジン」や「Voicy Journal (ボイシージャーナル)」といった情報発信メディアも立ち上げている。Voicy はユーザ数を明らかにしていないが、2018年だけでユーザ数が30倍以上に伸びたことを明らかにしている。

<参考文献>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------