日本IBMがフィンテックに進出、マネーツリーとAPI技術の活用推進で協業

by Junya Mori Junya Mori on 2015.10.21

Landscape

日本IBMとマネーツリーが企業のAPI技術の活用推進を目的とした協業を発表した

今回の協業では、国内1,550社以上の金融機関等から明細データを自動的に取得できるマネーツリーのサービスである「MT LINK(エムティー・リンク)」と日本IBMが提供するPaaSの「IBM Bluemix(ブルーミックス)」をAPIで接続。両社が協力して技術検証を行う。

マネーツリーが提供する「MT LINK」は、国内1,550社以上の銀行、クレジットカード、電子マネーなどの金融機関から、明細データを自動的に取得できるサービス。IBM Bluemixは、エンタープライズ分野のハイブリッド・クラウド環境におけるアプリケーション開発を支援するPaaSだ。

この2つを接続させ、技術検証を実施することにより、フィンテックにおける迅速なアプリケーション開発と多岐にわたるAPI技術の利活用を促進していく狙い。

マネーツリーはこれまでにも「MT LINK」を活用して、クラウド会計・請求・給与ソフト「Crew」、会計大手のTKCなどと提携を実施してきている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------